ホーム | 日系社会ニュース | 元陸軍少尉 小野田さん逝去=当地からも死を惜しむ声

元陸軍少尉 小野田さん逝去=当地からも死を惜しむ声

ニッケイ新聞 2014年1月18日
12年12月に当地で祝った90歳の誕生日。妻の町枝さんと

12年12月に当地で祝った90歳の誕生日。妻の町枝さんと

元陸軍少尉で南麻州に牧場を築いた小野田寛郎氏が16日、心不全で亡くなった(6面詳報)。日本でも次々に訃報が流れ、同氏と親しくしていたコロニアの人々も急な知らせに驚き、死を惜しんでいる。

戦後渡伯した兄の格郎さん(陸軍主計少佐)と知り合いだったことから、寛郎さんの牧場開きを手伝った南米通信社代表の尾和義三郎さん(73、東京)は「僕にとっては兄のような人。曲がったことが大嫌いで、真っ白な汚れのない紙のような人だった」と振り返る。

寛郎さんが渡伯したのは、帰還の翌年。そのことを、「日本の国からパチンコ玉のように弾きだされて、辿り着いたのがブラジルだった」と話していたという。「兵士への戦後補償も少なく、戦争体験者には住みにくい国だった」と尾和さんは語る。

昨年12月に当地を訪れた寛郎さんと町枝さん、当地の旧友と共に食事をしたのが最後になった。「絶対顔には出さなかったけど、4、50メートル歩いたら、止まって息を整えていた」。帰国後1カ月で体調を崩し入院。「4月頃にまた来たい」という願いはかなわなかった。

「歴史に残る人物と言ってもいい。日本にとって本当に惜しい人」と死を惜しんだ。

寛郎さんが渡伯した当初から付き合いのあった兵庫県人会々長の尾西貞夫さん(71、兵庫)も、「立派な人だった。これからさびしくなりますよ。毎年ブラジルに来る度、出迎えや見送りをしていたから」と語る。

面倒見の良い尾西さんを頼ることも多かったようで、人の紹介や宿の準備など、色々な便宜を計ったという。「喋るのが好きで、止むことなく喋っていた。でも、戦争のことは一度も話したことなかった。あの人はブラジルに来て良かったんだと思う」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ2016年12月7日 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ  〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記がブラジル陸軍から出版されたことを記念して、ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行 […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポルトガル語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』がブラジル陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体がサンパウロ市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会 […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]