ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月18日

 2006年からナタル市に在住する日本人会のメンバー、中村恵美子さんは「日本のメディアが流すナタルの情報には実態に即していないものも多い。マナウスと一緒くたにされ『高温の灼熱地獄』とか、現地在住者にとっては間違い探し状態」とため息。だからこそ「海辺でも湿度は高くなく年間を通じて過ごしやすい。治安も、勿論油断は禁物だけど、体感的には日本とそう変わらない。その良さを肌で感じて欲しい」との思いは強い。W杯観戦に来たサポーターがその体験を周囲に伝えることで、日本人会の活動やナタルの良さが、より多くの人に広まっていくことに期待!

     ◎

 16日に逝去した小野田寛郎さん。30年間フィリピンのルバンダ島に潜伏していた間は一日一食。自分で作った牛の乾燥肉や野草を食べて生活していたというが、帰還後健康そのものだったとか。約30年間のカレンダーを全部頭に入れており、帰還後6日しか違わなかったなど、彼に関する逸話は多い。戦争を知らない世代も賞賛してやまない小野田さんは、体を張って現代人に人間の可能性を見せてくれた。ご冥福を祈りたい。

     ◎

 今月15日付本面掲載の「元従業員のデカセギ日系人に感謝したい」と住友系列企業の元社長の馬場善禄さんが感謝の夕べを開催したい―という記事に、思わぬところから反応が。リオ州日伯文化体育連盟の鹿田明義理事長から本紙へ連絡があり、掲載依頼に来社した「キリストの幕屋」の鹿田正人さんと同姓だから、一度話をしたいというもの。「鹿田という名前は珍しいのでブラジルでは自分だけかと思っていた」と声を弾ませた。探していた情報ではなく拍子抜けしたが、こうした縁を結ぶのも新聞づくりの面白さ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 作家・北杜夫さんと独占インタビュー=ブラジル日本移民を書いた長編小説『輝ける碧き空の下で』=2回訪伯=日系人と心温まる交流=訪伯時のエピソードきく2007年6月27日 作家・北杜夫さんと独占インタビュー=ブラジル日本移民を書いた長編小説『輝ける碧き空の下で』=2回訪伯=日系人と心温まる交流=訪伯時のエピソードきく 2007年移民特集 2007年6月27日付け  「ブラジルの突き抜けるような碧い空がなつかしい」「弓場農場では蝶のおじさんだった」「移民百周年を心から祝福したい」――。歌人・斉藤茂吉を父に持ち、エッセー「どくとるマンボウ」シリーズなどで人気の作家、北杜夫さんがこのほど、 […]
  • 大耳小耳2014年1月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月14日  聖市杯で、外国勢初の決勝トーナメント進出を決めた柏レイソルの若手チーム。コーチらがチームの様子を報告する「アカデミースタッフブログ」によれば、選手たちは11日にグループリーグで戦ったサンパウロFCと練習試合(45分1本)を行い、2対0で勝 […]
  • 大耳小耳2014年1月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月7日  サンパウロ対柏レイソルの試合で、スタジアムに駆け付けたサンパウリーノの中には日系人の姿もチラホラと。ピッチ脇を移動していると「日本人ですかぁー?」と、ゴール裏の観客席から二世の女性に声を掛けられた。話によると日本へデカセギ経験があり、15年 […]
  • 大耳小耳2014年2月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月19日  USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、伯人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに始まっ […]
  • 大耳小耳2014年2月5日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月5日  ダリアの球根は、開花時期の調整のため、思った以上に繊細な管理が必要のようだ。6月頃から球根の堀上げ、株分け、冷蔵処理による強制的休眠を2カ月間、発芽を促す過程など経て、3月のダリア祭で華麗に咲き誇るという。病気対策も必須で、連作障害にも気を […]