ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月18日

 2006年からナタル市に在住する日本人会のメンバー、中村恵美子さんは「日本のメディアが流すナタルの情報には実態に即していないものも多い。マナウスと一緒くたにされ『高温の灼熱地獄』とか、現地在住者にとっては間違い探し状態」とため息。だからこそ「海辺でも湿度は高くなく年間を通じて過ごしやすい。治安も、勿論油断は禁物だけど、体感的には日本とそう変わらない。その良さを肌で感じて欲しい」との思いは強い。W杯観戦に来たサポーターがその体験を周囲に伝えることで、日本人会の活動やナタルの良さが、より多くの人に広まっていくことに期待!

     ◎

 16日に逝去した小野田寛郎さん。30年間フィリピンのルバンダ島に潜伏していた間は一日一食。自分で作った牛の乾燥肉や野草を食べて生活していたというが、帰還後健康そのものだったとか。約30年間のカレンダーを全部頭に入れており、帰還後6日しか違わなかったなど、彼に関する逸話は多い。戦争を知らない世代も賞賛してやまない小野田さんは、体を張って現代人に人間の可能性を見せてくれた。ご冥福を祈りたい。

     ◎

 今月15日付本面掲載の「元従業員のデカセギ日系人に感謝したい」と住友系列企業の元社長の馬場善禄さんが感謝の夕べを開催したい―という記事に、思わぬところから反応が。リオ州日伯文化体育連盟の鹿田明義理事長から本紙へ連絡があり、掲載依頼に来社した「キリストの幕屋」の鹿田正人さんと同姓だから、一度話をしたいというもの。「鹿田という名前は珍しいのでブラジルでは自分だけかと思っていた」と声を弾ませた。探していた情報ではなく拍子抜けしたが、こうした縁を結ぶのも新聞づくりの面白さ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ新聞を手に取る長岡京市立長岡中学校の生徒たち2014年5月8日 長岡京市長岡中=本紙教材に使い地理の授業=元JICAボランティア 宮沢之祐教諭が考案=半頁を4時間に膨らませ=「日系社会で多文化伝える」  京都府の長岡京市立長岡中学校で、一風変わった地理の授業が行われている。子どもたちが一心に見つめる教室のモニターに映されたのは、なんとニッケイ新聞。初めて見る南米の邦字紙に驚く生徒らに、同校教諭で元JICA日系社会青年ボランティアの宮沢之祐さん(しゆう、50、京都)は「ブラ […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 「W杯も目前に控えたところで帰国しなければならないのは残念だが、ブラジルを思いながら名古屋でも仕事をしたい」と植田領事2014年3月14日 短期とデカセギ査証が逆転=在聖日本国総領事館 植田領事に聞く=三年問題、四世ビザについて=現行法の枠組みの限界か ニッケイ新聞 2014年3月14日 在サンパウロ日本国総領事館の査証班に2年間在職していた植田敏博領事(49、大阪)が、4月8日に任期を終えて帰国するにあたり、金融危機後に帰国支援を受け帰伯し、再訪日を希望する人たちの〃三年問題〃、「四世ビザ問題」やデカセギ目的訪日者の減少 […]
  • 新工場のひとつ2014年2月13日 インダイアトゥーバ=日立建機とディア社が新工場=五輪の建設特需を見込み=生産能力、年間2千台 ニッケイ新聞 2014年2月13日 日立建機株式会社(本社=東京)と農機メーカーのディア社(本社米国イリノイ州)の合弁事業による、油圧ショベル製造工場の竣工式が、11日、サンパウロ州インダイアトゥーバ市の新工場で盛大に行われ、ブラジルミシェル・テメル副大統領、ジェラルド・ア […]
  • コラム 樹海2014年2月13日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月13日  W杯が近づいていることを受け、日本のメディアもブラジルに目を向けている。某雑誌から「日系家族を取り上げたい」との話を受けた。個人の移住史は多く聞いてきたが、家族単位では…。考えあぐねた末、日野寛幸さん(67)にお願いすることになった。独自 […]