ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月23日

 いままでなかったのが不思議だが、観光雑誌『るるぶ』のブラジル・アルゼンチン版(JTBパブリッシング、税別1500円)が今月発行された。ブラジル編では、イグアスの滝、レンソンイス(マラニョン州)、アマゾンに詳しく触れ、リオとサンパウロ、サルバドールを素晴らしい写真とともに紹介している▼いままでのブラジルの本といえば、概略と乏しいホテル、レストラン情報などに限られていたように思う。それもデータが古く、あまりあてにならないといったイメージだ。サイトなどでも情報を知らせるものは少なく、ある旅行者からは「個人のブログなどに頼っている」とも聞いた▼『るるぶ』が頼もしいのは、旅行情報に加え、音楽、アート、ファッションなど、様々なブラジルを知ることができる構成となっていることだ。ブラジル在住者としても興味深い。軽い気持ちで手に取ったコラム子も「ふむふむ」と1時間ほど読み込んでしまった。多くの写真と情報は、にわかブラジル通になれるほどだ。カーニバルパレードも詳しく解説されている▼在住者に、もう一つ面白い点は、ブラジルのお土産についても詳しく触れられている点だ。「日本に行くんだけど、いつもお土産に困るんだよね…」という声もよく聞くが、日本の人が関心を持ちそうなものを紹介しているので、大いに参考になりそうだ▼今年のW杯、2016年の五輪と、日本からの観光客が携えることも多いだろう。移民や日系社会についてほぼ触れられていないのが少々残念だが、幅広くブラジルの文化に関心を持ってもらえる一冊となりそうだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯=宿泊用の家賃は1月分=キャンプ地のホテル流行らず2014年3月6日 W杯=宿泊用の家賃は1月分=キャンプ地のホテル流行らず ニッケイ新聞 2014年3月6日 6月12日から始まるサッカーのワールドカップの入場券を手に入れたから、アレーナに近いアパートか民家を借りたいという人は、1日で1月分の家賃を請求される例もありうる。 サンパウロ市に住むアメリカ人のエリザベス・ヘロンスウィートさん(27)は、米 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • W杯用の特製ビール?=メーカー各社が趣向凝らす2014年3月7日 W杯用の特製ビール?=メーカー各社が趣向凝らす ニッケイ新聞 2014年3月7日  6月12日から開催されるサッカーのワールドカップを前に、国内各地のビールメーカーが、原料やラベルに趣向を凝らした商品の開発に取り組んでいる。  ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテにあるFalke Bierの場合は、W杯参加国の一つである英 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • ブラジル日本中央協会=様々なテーマで研修旅行=12年までに4回実施2010年5月15日 ブラジル日本中央協会=様々なテーマで研修旅行=12年までに4回実施 ニッケイ新聞 2010年5月15日付け  (社)ブラジル日本中央協会(清水慎次郎会長)は、今年から2012年にかけてブラジル研修旅行(計4回)を企画・後援している。同ツアーは、現地参加も受け付けている。 […]