ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月23日

 いままでなかったのが不思議だが、観光雑誌『るるぶ』のブラジル・アルゼンチン版(JTBパブリッシング、税別1500円)が今月発行された。ブラジル編では、イグアスの滝、レンソンイス(マラニョン州)、アマゾンに詳しく触れ、リオとサンパウロ、サルバドールを素晴らしい写真とともに紹介している▼いままでのブラジルの本といえば、概略と乏しいホテル、レストラン情報などに限られていたように思う。それもデータが古く、あまりあてにならないといったイメージだ。サイトなどでも情報を知らせるものは少なく、ある旅行者からは「個人のブログなどに頼っている」とも聞いた▼『るるぶ』が頼もしいのは、旅行情報に加え、音楽、アート、ファッションなど、様々なブラジルを知ることができる構成となっていることだ。ブラジル在住者としても興味深い。軽い気持ちで手に取ったコラム子も「ふむふむ」と1時間ほど読み込んでしまった。多くの写真と情報は、にわかブラジル通になれるほどだ。カーニバルパレードも詳しく解説されている▼在住者に、もう一つ面白い点は、ブラジルのお土産についても詳しく触れられている点だ。「日本に行くんだけど、いつもお土産に困るんだよね…」という声もよく聞くが、日本の人が関心を持ちそうなものを紹介しているので、大いに参考になりそうだ▼今年のW杯、2016年の五輪と、日本からの観光客が携えることも多いだろう。移民や日系社会についてほぼ触れられていないのが少々残念だが、幅広くブラジルの文化に関心を持ってもらえる一冊となりそうだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月2日 東西南北  前代未聞の、2夜連続での事故が発生。楽しむどころではなくなってしまったリオ・デ・ジャネイロ市サプカイでのスペシャル・グループのパレード。さすがに世界的に有名なイベントだけに、この事故はすぐに世界に向けて打電され、米国のニューヨーク・タイムスやイギリスのデイリー・メール、アルゼ […]
  • 聖市=W杯中の観光客49万人=24万の予想大幅に上回る2014年7月12日 聖市=W杯中の観光客49万人=24万の予想大幅に上回る  聖市市役所が11日、6月12日~7月10日に聖市を訪れた観光客は49万6千人で、24万人との当初予想を大幅に上回ったと発表したと11日付伯国メディアが報じた。 W杯開催期間中に同市を訪れた観光客は伯国人が29万9千人、外国人が19万6547人とされ、外国人観光客の3分の1 […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • コラム 樹海2014年2月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月26日  金曜から聖市でカーニバルが始まる。90年代半ばまでは町の辻々にラジオをかけっ放しの店があり、道を歩いているだけでサンバ学校の人気曲が耳に残って、いつの間にかサビを覚えていた。本番1カ月前になるとテレビもカーニバル一色となり、一気に雰囲気を […]
  • 樹海2014年6月14日 樹海  日韓、ドイツ、南アフリカ、そして今回。ブラジルで4回目のW杯を迎えるコラム子だが、あまりサッカー自体には関心がない。ただ、開幕が近づくにつれ、市民が浮き足立つことで生まれる独特の高揚感は大好きだ。カーニバルが近づくにつれて変わってゆく雰囲気とはまた違う、国威発揚的なイメー […]