ホーム | 日系社会ニュース | 5団体が特別委員会を設立=W杯、修交120周年に向け=県連代表者会議で報告

5団体が特別委員会を設立=W杯、修交120周年に向け=県連代表者会議で報告

ニッケイ新聞 2014年2月1日

ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の1月度代表者会議が先月30日にあり、今年6月のサッカーW杯に向けた日本人訪問者支援委員会、来年の日伯修交120周年を記念した祭典委員会を、それぞれ先月中旬に日系5団体共催で立ち上げたことが発表された。

W杯の日本人訪問者支援については、ブラジル日本文化福祉協会が広報窓口となった上で、県連が「緊急に応じた宿泊先の確保」、サンパウロ日伯援護協会が「緊急時の医療対応」を担うことが報告された。

会議の中で宮城、秋田、岩手、神奈川、佐賀の各県人会が会館を宿として提供することが決まったが、司会を務めた滋賀の山田康夫会長は「あくまでどうしても泊まるところを見つけられなかった訪問者に、とりあえずの宿泊スペースを提供するもの」と話し、委員会側から積極的な呼び込みをしないことを強調した。

先月17日に立ち上げ会合が開かれた120周年祭典委員会については、「(ブラジル日本商工会議所の)藤井晋介会頭が会合に出席出来なかった関係で、まだ具体的な事業案に関する話し合いは行われていない」(園田会長)のが現状で、近日中に記者会見を予定しているという。

1995年の修交100周年の際には、田中克之在聖総領事(当時)を名誉委員長、南米銀行の橘富士雄名誉会長(故人)を委員長とし、日系3団体も参画してサンパウロ日系協力委員会が発足。ブラジル政府側でも記念事業委員会が設立されたほか、サンパウロ州立総合大学にも記念委員会が設置されるなど、両国が一体となって各種記念事業が実施された。

同年11月、日本で行われた記念式典には、ブラジルからマルコ・マシエル副大統領を団長とした慶祝団が訪日し、続く同月9日のブラジリアでの式典には紀宮清子内親王殿下(現・黒田清子さん)がご出席。聖市でも州政庁にて歓迎会が催されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 忘年会での乾杯の様子2014年12月25日 県連=代表者会議と忘年会開催=120人で労ねぎらう  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の12月度代表者会議と忘年会が19日、聖市のブルーツリーホテルで行われ、会議には約40人、忘年会には約120人が出席した。 代表者会議は、15日に亡くなった山形県人会長・押切壮フラヴィオさんへの黙祷で始まり、本橋会長の挨拶、来 […]
  • W杯で新しい交流の輪=ブラジル日本都道府県人会連合会 会長 園田 昭憲2014年1月1日 W杯で新しい交流の輪=ブラジル日本都道府県人会連合会 会長 園田 昭憲 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルで移住106年を迎えました。昨年は戦後移住60周年と、多くの県人会が記念式典のために、たくさんの方が […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]