ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(91)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(91)

ニッケイ新聞 2014年2月4日

「・・・なんまいだぁ(ミーミーミーミ)、なんまいだぁ(レーレーレーレ)、なんまいだぁ(ドードードード)、なんまいだぁ(ドードードード)、なんまいだぁ(ドードードード)』 ―

『ナンマイダー』は、手拍子も加わって大合唱となってしまった。そして、祭檀を包み、祭壇の奥に広がる密林に伝播していった。

十五分して、中嶋和尚が『チ~ン』と御鈴を鳴らし、お祈りの終了を告げた。御鈴音は大合唱に打ち消され、西谷やアナジャス軍曹や測量班の男達には辛うじて聞こえたが、念仏のリズムに乗って身体を揺り始めた群衆には無視された。

収拾がとれなくなった。

西谷とアナジャス軍曹が両手を振って、

「アカボウ! パァレ、パーレ!(終わったぞ! 止まれ、止まれ!)」と群衆に向かって叫んだが熱狂的になった念仏の大合唱は止まらなかった。

中嶋和尚が振り返り、皆に向かって蚊の鳴くような声で、

「ミサは終わりました」と頭を下げると、

『シ~ン』大合唱はウソのように静まりかえった。

アナジャス軍曹が、工事現場にあった木の台に上がり、

「(ミサは終わった。我々は先を急ぐ・・・)」

「西谷さん、私からのメッセージを皆さまに伝えてくれませんか」

「(アナジャス軍曹、セニョール・ナカジマから皆にメッセージを送りたいのですが)」

アナジャス軍曹は中嶋和尚を台の上に引き上げ、自分は飛び降りた。

「みなさん」

西谷がすかさず通訳に入った。

「(みなさん、宗教の種類や宗派を気にせずにミサに集まっていただき、宗教家の端くれとしてとても幸せです。皆様の大合唱の力で、たくさんの霊が集まりましたが『ブッダ』の祈りに戸惑い、成仏されるまでには至りませんでした。ですが、ご安心ください、『ナンマイダー』の歌を皆様一人一人が毎日一回歌って下されば、『ブッダ』の一派の本尊『アミダブツ』が願いを聞いてくれます。・・・、『ブッダ』は他の宗教の方であっても、拝んでいただいた方々に慈愛の手を差し伸べ安らぎを与え、極楽に導いてくれます。苦しい時や、悲しい事があれば『ナンマイダー』を思い出して下さい。有り難うございました)」

「(ありがとう! 『ブッダ』の牧師さん)」

「(ありがとう)」

「(ありがとう、『ナンマイダー』!)」

ミサに心を癒やされた群衆から拍手が沸いた。そして、コーラスで『ナンマイダーァ、ナンマイダ』が始まった。

中嶋和尚が台から降りジープに乗り込むと、アナジャス軍曹はエンジンを掛けるとともに窓を開け、皆に手をふって別れを惜しんだ。

二台のジープは『ナンマイダーァ、ナンマイダ』のコーラスで見送られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)2014年3月29日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127) ニッケイ新聞 2014年3月29日 「(ウエムラだ)」 「(逮捕に行くそうですね)」 ジョージはホテルでコピーした森口のチェックインカードを出し、 「(早速、逮捕状の手続きをしてくれ。これが奴の身元だ)」 「(これは個人情報侵害になるのでホテルは出してくれませんよ)」 「(『 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)2014年3月27日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127) ニッケイ新聞 2014年3月27日 取材に満足しペンを納めながら古川記者が、 「それで、森口をどうやって逮捕すれば」 黙って話を聞いていたジョージが、 「それにはまず理由がいる」 「理由?」 「逮捕や裁判する理由だ、それをなんとかしなくては・・・」 「ジョージ、でっち上げはダ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126)2014年3月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126) ニッケイ新聞 2014年3月28日 二十分後、ジョージが戻ってきた。 「思った通り、奴は観光ビザで、すでに二ヶ月以上の不法滞在だ」 「それで彼を留置所にブチ込めますか?」 「検事次第だ。友人のアレイショスに電話しよう」 「アマゾンの? あの凄くウンの強い副司令官ですね」 「中 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123)2014年3月25日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123) ニッケイ新聞 2014年3月25日 「(どうしてだ?)」 「(説明するから銃口を俺から外してくれないか)」 「(説明!?)」 「(俺の名は古川。君は?)」 「(パウロだ。早く説明しろ)」 古川記者は『般若心経』を心に、 「(私がパウロにお金を貸せばいい)」 「(お前が俺に金を […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124)2014年3月26日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124) ニッケイ新聞 2014年3月26日 「ジョージ、身体の調子は?」 「この通り、アザが残っただけだ」 「良かったですね早く治って・・・」中嶋和尚はそう言いながら昨夜作った『聖正堂阿弥陀尼院』のお位牌を広い会議机の真ん中に置いた。 「早速だが、これから田口さんの願いをどう解決する […]