ホーム | 日系社会ニュース | 慶應NY校 野津学院長が来伯=「多様な人材の発掘を」=15日に講演も

慶應NY校 野津学院長が来伯=「多様な人材の発掘を」=15日に講演も

ニッケイ新聞 2014年2月15日
野津学院長

野津学院長

「慶應義塾ニューヨーク学院」(米国NY)の野津将史学院長が当地での入学説明会のため来伯し、挨拶のため13日に来社した。

同校は1990年、企業の駐在員子弟など、在米日本人子弟を主な受け入れ対象として開校した。現在は日本を含む約30カ国に所在する学校から生徒が入学、そのうち約9割が敷地内の寮で生活する。

中学3年生から高校3年生までの年代が所属する4年生学校で、英語を母国語とする教員も多数在籍し、授業の約4割は英語。規定の卒業要件を満たせば、全ての生徒が慶應大学に進学できる。 米国の高校卒業資格も取得できるため、現地の大学への進学も可能。野津学院長によれば、現在同学院で学ぶブラジルの学校出身者は「4、5人程度」だという。

初来伯となった野津学院長は「ご両親の勤務地がどこになろうとも、入寮することで転勤に左右されない学校生活を送れるのが本校の魅力のひとつ。様々な地域から多様な背景を持った人材を掘り起こしたい」と意気込みを語った。

14日にサンパウロ日本人学校で入学説明会を合わせた講演会を行い、本日(15日)午前10時からは、聖市のブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, Paraiso)で説明会を開く。

本面で紹介している慶應ニューヨーク学院について、昨年8月1日付の『週刊文春』は「〃チャイルドフライト〃に群がる富裕層 NYから慶応大学に100%進学!」のタイトルのもと「国内の慶應付属校に比べ試験が簡単で入学しやすいため、〃慶應ブランド〃を求める富裕層子弟の入学希望が急増している」という旨の記事を掲載。これについて野津学院長に聞くと、「実際に在学中の生徒の4割が日本から来ているが、文春の取り上げ方には、やはり誇張がある。そもそも私に取材依頼はなかったですし…」と少々呆れ顔。ちなみに、学院長個人の意見としては「多様な背景を持った生徒をより多く受け入れるためにも、日本以外の学校出身者の比率をもう少し上げたい」とのこと。関心のある方はぜひ同校HP(http://www.keio.edu/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2014年3月27日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2014年3月27日 土曜日(29日)  名画友の会・特別鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade) ◎ ブラジル日本語センター・通常総会、午後2時、同センター(Rua Manuel de […]
  • ブラジル日本会議=定期総会を今週末2014年3月21日 ブラジル日本会議=定期総会を今週末 ニッケイ新聞 2014年3月21日  ブラジル日本会議(小森広理事長)が『定期総会』を22日午前11時から(第1次召集は10時半)、ブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, Vila […]
  • 「ベテランも初心者も!」=そろばん講習会、22日から2014年2月12日 「ベテランも初心者も!」=そろばん講習会、22日から ニッケイ新聞 2014年2月12日  ブラジル珠算連盟(斉藤良美会長)主催の『そろばん講習会』が22、23日に開かれる。両日ともに午前10時から午後5時まで。場所はブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, Vila […]
  • 日本会議=龍馬会 大野正人会長招き勉強会2014年1月25日 日本会議=龍馬会 大野正人会長招き勉強会 ニッケイ新聞 2014年1月25日  ブラジル日本会議(小森広理事長)が講師に「ブラジル龍馬会」の大野正人会長を招き、28日午後2時からブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, Vila […]
  • 12月に日語能力試験=締め切り9月2日まで2017年7月28日 12月に日語能力試験=締め切り9月2日まで  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が『日本語能力試験』の受験者を募っている。申し込み締め切りは9月2日。  試験日は12月3日で受験料は1級180レ、2級150レ、3級140レ、4級130レ、5級が120レ。  次の団体で願書配布、受付を行っている。同センター […]