ホーム | 日系社会ニュース | 北山たけし、アサイ公演大盛況=歌唱、演奏、殺陣に会場熱狂

北山たけし、アサイ公演大盛況=歌唱、演奏、殺陣に会場熱狂

息の合ったパフォーマンスを見せる北山たけしと福居一大(林田さん提供)

 日本のNHK紅白歌合戦にも出場した大人気演歌歌手・北山たけしのブラジル初公演「北山たけしブラジル移民111周年記念スペシャルコンサート」(池田マリオプロダクション主催)が9月29日午後、パラナ州アサイ市のアサイ文化協会会館で行われた。人口約1万5千人の小さな町に、約350人が詰めかけ、会場は大いに盛り上がった。
 北山たけしは自身のオリジナル楽曲の他、師・北島三郎の『与作』や日本演歌歌手の有名曲、歌謡曲『上を向いて歩こう』、童謡『ふるさと』などを熱唱。最後は北島三郎の代表曲『祭り』で締めくくり、観客と大合唱を響かせるなど、会場は熱気に包まれた。
 同じく来伯した三味線奏者・福居一大とのコラボや、太鼓、尺八の演奏、殺陣も披露し、拍手喝采が送られた。

観客に囲まれながら歌声を響かせる北山たけし(林田さん提供)

 公演中には客席に降り、観客に囲まれながら歌うサービス精神も見せ、ファンからハグを受ける場面も見られた。
 当日司会を務めた吉田国広さん(74、二世)は「大盛り上がりで二度とないような素晴らしい公演だった」と絶賛。林田マルシオさん(59、三世)も「北山さんは客席に来てくれて、常に笑顔で優しい方だった。公演もとても良かった」と楽しんだ様子。
 公演では北島三郎からのビデオメッセージも公開された。北島三郎は1984年、サンパウロ日伯援護協会傘下の日伯友好病院建設予定地購入のためにチャリティーショーを行っている。北島三郎は84年の来伯を振り返り「またブラジルの日系社会に行きたい」と観客に思いを伝えたという。

アサイを盛り上げた北山たけし(林田さん提供)

 公演ではアサイ市議会から感謝状、ブラジル歌謡連盟から表彰状が北山たけしに贈呈された。
 今週末の6日には、聖市のブラジル日本文化福祉協会大講堂で2回公演を行う。


□関連コラム□大耳小耳

 日本の演歌歌手・北山たけしは9月29日、パラナ州アサイ市でコンサートを行ったが、実は同日、同じ州内で別の大きな歌謡大会が開催されていたとか。にもかかわらず、こちらのコンサートは大盛況で幕を閉じ、観客は口を揃えて素晴らしかったと語った。本当は事前に日程調整ができていれば、双方にとってもっと良かったのでは。
     ◎
 サンパウロ日伯援護協会によれば、北山たけしは4日、援協傘下の日伯友好病院を訪問する予定だそう。同病院には、1984年に北島三郎が同病院建設予定地購入のため、チャリティーショーを行い、その際に植樹したイペーと桜の木が今も残っており、北山たけしも4日に記念植樹を行うとか。北島三郎は体調の都合により来伯がかなわなかったが、次は師弟豪華共演を実現してほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 北山たけし2千人前に熱唱!=ベージョ(キス)、アブラッソ(抱擁)OK!=北島三郎「またブラジル行きたい」2019年10月9日 北山たけし2千人前に熱唱!=ベージョ(キス)、アブラッソ(抱擁)OK!=北島三郎「またブラジル行きたい」  「次は北島三郎さんを引っ張って一緒にブラジルへ来ます」――北山たけしがそう宣言すると、観客は大歓声で応えた。6日にサンパウロ市の文協大講堂で行われた「北山たけしブラジル移民111周年記念スペシャルコンサート」(池田マリオプロダクション主催)2回公演の一場面だ。  北 […]
  • 日系社会からご即位奉祝!=全伯から800人、安永家だけで20人=「陛下は親と同じ、大切な存在」2019年10月24日 日系社会からご即位奉祝!=全伯から800人、安永家だけで20人=「陛下は親と同じ、大切な存在」  新天皇陛下のご即位を国内外に宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」が日本時間の22日午後1時、皇居・宮殿で行われた。それを受けて日系主要5団体が22日夜に「『即位礼正殿の儀』奉祝晩餐会」(福原カルロス実行委員長)を聖市シルクロ・ミリタルで開催した。参加費250レアルに […]
  • ■訃報■佐々木憲輔さん2019年9月3日 ■訃報■佐々木憲輔さん  サンパウロ日伯援護協会と岩手県人会で理事を長年務めた佐々木憲輔さんが8月30日午後、聖州サンベルナルド・ド・カンポ市の病院で亡くなった。享年72。死因は不明だが、数年前からペースメーカーを入れており、腎臓や膵臓も悪く入院していたという。  佐々木さんは岩手県出身。1 […]
  • エスペランサ婦人会70周年=親睦、交流、学びの場提供=終戦直後の祖国支援運動で発足2019年9月3日 エスペランサ婦人会70周年=親睦、交流、学びの場提供=終戦直後の祖国支援運動で発足  「文協ビルが増築した時、エスペランサ婦人会が5階の部屋を買って移ることになり、役員と一緒に下見に来たのを憶えています」―エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)の創立70周年式典に出席した101歳の平井すてさん(北海道)は、懐かしそうに振り返った。8月21日午後1時から聖 […]
  • 聖市=山下忠男さんに名誉市民章=計50年間も援協に貢献2019年8月24日 聖市=山下忠男さんに名誉市民章=計50年間も援協に貢献  聖市議会は6日夜、山下忠男さん(85、京都府)に名誉市民章を授与した。野村アウレリオ市議の推薦。山下さんはサンパウロ日伯援護協会の職員として36年間勤め上げ、退職後も役員として現在まで14年間貢献するなど、計50年も援協に尽くしてきた。  聖市の援協本部ビルで授与式 […]