ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》一家3代揃ってワクチン接種=107歳の母、娘と介護役の孫

《サンパウロ州》一家3代揃ってワクチン接種=107歳の母、娘と介護役の孫

母、娘、孫が3代揃って接種を受けたと報じる10日付G1サイトの記事の一部

 サンパウロ州内陸部のフェルナンドポリス市で9日、同市の保健機関の担当者の訪問を受けた一家3代が揃って新型コロナの予防接種を受け、喜びを露わにした。
 自宅で接種を受けたのは、107歳の母と90歳の娘、介護役で66歳の孫の女性3人だ。
 孫のフランシスカ・ピニェイロさんは、市の職員が自宅まで来て接種を行ってくれた事への感激を、「私達にとって本当に特別な日だったわ。とっても幸せ! パンデミックのせいで、何カ月も大変な状態にいたの。買い物とか解決しなければならない問題がある時以外は外出しなかった.
それでも、ウイルスを自宅に持ち帰ったらと思うといつもビクビクしていたわ」と語った。
 最初に接種を受けたのは107歳のフランシスカ・カンジダ・デ・パウラさん、次は90歳のアメリア・カンジダ・デ・ジェズスさん、最後が66歳で介護役のピニェイロさんだった。

 ピニェイロさんによると、90歳の母親は意識もはっきりしており、会話や歩行も可能だが、107歳の祖母は視力が衰え、歩く事ができなくなって寝たきりの状態だという。
 同市での接種対象はまだ90歳以上に限定されているから、一緒に受けられるとは思っていなかったというピニェイロさんは、自分も受けられた事を喜びつつ、「母と祖母は本当に苦労してきたから、これ以上、大変な目に遭わなくてよくなるのは当然でしょ?」と言葉をつないだ。
 初回の接種を受けられた事で、一家は「安堵感」を味わっている。新型コロナウイルスへの感染を恐れ、外部の人々の訪問も受けられなくなっていたのだから、その喜びは格別だ。
 「二人の世話をする事で二人から受けてきた恩を返しているの。幸い、誰も感染せずに来れたけど、これからもこうあって欲しいわ」というピニェイロさんは、2度目の接種を受け、より安全となる日を心待ちにしている。(10日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]