ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年2月18日

 ここ数週間で聖州民にとって大きな問題となっている水不足の問題だが、それは先週末の雨でも決して変わることはない。大聖市圏980万人の人に水を供給するカンタレイラ水系の水位は10日の時点の19・6%から16日には18・5%まで落ちた。だが、13日から4日連続で続いた雨により、1・3ミリだった2月の降水量は47・4ミリまで上がり、16日から17日の貯水率は28日ぶりに減少を食い止めた。気温の方も、1月19日から26日続いた聖市での30度以上の日も14日で止まった。少しでも情況が良くなるよう、2月下旬からという次のまとまった雨に期待したい。

     ◎

 聖市でもおなじみの建築物を多く手がけた建築家のジョルジ・ヴィルヘイム氏が14日未明、聖市内の病院で亡くなった。85歳だった。昨年12月に交通事故に遭って以来、入院中だった。イタリア生まれの同氏は12歳で伯国に移住し、亡くなるまでの約60年間、伯国の都市化につとめてきた。聖市での代表作は中央部のヴァーレ・ド・アニャンガバウーやイエズス教会堂、西部の競馬場ジョッキー・クラブなどが知られている。

     ◎

 16日の聖州選手権、クラシコ(伝統カード)となったパカエンブーでのコリンチャンス対パルメイラスは、両チームのストライカー、ロマリーニョとアラン・カルデッキが1点ずつ決め、1対1で引き分けた。依然負けなしの好調パルメイラスに対して善戦したことで、コリンチャンスへの評価が高かった。一方、負けなしだったサントスは伏兵ペナポレンセに1―4で大敗する波乱も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月5日  聖市での水不足が騒がれているが、聖州内ではすでに給水制限を検討しはじめている市もある。サンカルロスやデスカウヴァードなどでは、今にも給水制限実施が現実味を帯びているといい、ソロカバやアララクアラでは給水制限実施は否定しているものの、水道利用 […]
  • 東西南北2015年10月31日 東西南北  10月のカンタレイラ水系の30日午前9時現在の降水量は116・5ミリで、月間平均降水量の128ミリより1割ほど少なめだ。今月は高気圧による長期のブロッキング現象もあったため苦戦はしたが、一応、雨季らしく、100ミリは最低限越えたので、「やや残念」といった感じか。予報だと、きょ […]
  • 東西南北2014年2月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月4日  聖市は一般的に都市のイメージが強いため、環境団体によって保護された衛生的な滝が多いことが気づかれにくかった。だが、最近は、連日の暑さで、聖市の滝がちょっとしたブームになっているという。注目されているのは北部の州立カンタレイラ公園周辺の三つの […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]