ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年3月13日

 12日付エスタード紙の表紙を飾った写真の1枚に、刑務所の通路に縄でつながれた囚人たちの姿が写る衝撃的なものがあった。これは北大河州マカウ市の刑務所の中の写真で、囚人たちを収監する場所が足りないことを不満とする同州の市警が、監獄の増設を求めて抗議の意味で公表したという。そこでは囚人17人が通路で青い縄に縛られているが、その中には女性も3人含まれ、うち1人は妊婦だ。囚人たちに対する収監状況からみても、刑務所としての治安面からいっても最悪だが、これが起きたのはW杯の会場となっているナタウから180キロと間近な市。W杯前には世界に見せたくない写真だ。

     ◎

 サンパウロ州ガストン・ヴィジガルで3日、児童性愛者の疑いがかけられた16歳の少年が、家族や警官の目の前で口論後に暴行され、死亡する事件が起こった。少年は18歳の兄とカーニバル期間中に広場に行き、子供の写真をたくさん撮りはじめたため、それを嫌がった子供たちの親が警察に通報、近くにいた母親共々警察に連行された。3人は釈放されたが、少年は警察署の前でケンカを吹きかけてきた26歳の男性に連打され、病院に運ばれたが死亡した。過剰反応が起こした悲劇か。

     ◎

 12日朝7時30分頃、CPTM9号線で電気系統が故障し、ジャグアレー~シダージ・ジャルジン間が大幅な減速運転となった。CPTMは代替バスを40台用意したが、その状態が10時30分まで続いたため、通勤時間中の故に焦った乗客の中には、電車を降り、線路を渡って通勤しようとする人もいた。朝早くからお気の毒様。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2014年3月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月19日  17日朝、サンパウロ市の5地下鉄のうち四つで故障が発生し、多くの利用者に被害が出た。まず7時15分にリベルダーデ駅の1号線のジャバクアラ方向で故障が発生し38分間も停止。続いて7時59分にはパトリアルカ駅で3号線の電車が故障を起こし、さら […]
  • 東西南北2014年3月8日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月8日  2月27日にサンパウロ市中央部CPTMルス駅のホームで、38歳の女性が到着した電車に頭を直撃されて死亡した件で、直前に女性を取り押さえようとした警備員2人が業務過失上致死、口論した研修員が傷害容疑で起訴される可能性が出てきた。17歳の研修員 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]