ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年3月18日

 先週、創立30周年を祝ったサンパウロ大学生援護連盟(ABEUNI)。貧困地域での医療活動のほか、フェスタ・ジュニーナやアベウニ祭りなど、様々な慈善イベントを開催している。また「Educando o
futuro」と題し、ファヴェーラや児童施設などで子どもを対象に、遊びを通してグループ活動や規律、他者に敬意を払うことの大切さを教える活動も継続。随時寄贈品や寄付金を受け付けているので、関心のある方はサイト(www.abeuni.org.br)まで。

     ◎

 ADESCは現在、記念誌『道―MICHI』(約400頁)を作成中。2009年のADESC法人登録十周年を記念した『絆―KIZUNA』以来2冊目となるが、今回は「自分たちの活動を子や孫に伝える」のが目的。そのため日ポ両語で普段のフェイラや親睦大会、研修、旅行、慈善活動の様子がまとめられ、関係者からのメッセージも。おばあちゃんが孫に自分たちの歩んだ道のりを教える、自慢の一冊となりそう。10月の刊行を目指している。

     ◎

 広い会館を持つ鹿児島県人会、やはり収入面で貢献するのは宿泊費だ。最大15人程度収容で昨年は約6万レだった。光熱費による年間支出は電気代約5千レ、ガス代557レなのに、水道代はなんと約1万3千レ。一月千レ以上だが、「どこかで水漏れしているんじゃ…」といったうわさも。会館売却は園田会長の任期中に片したい問題の一つだが、買い手が見つかるまで、まだまだ時間がかかりそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 大耳小耳2014年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月13日  日本のファッション普及を目指し、先月設立した「J―ファッション・ブラジル協会」(7日付本面詳報)。9日午後、佐藤クリスチアーネ会長が初の講演会を開いたところ、予想を上回る80人の出席で会場の三重県人会会議室が超満員に。「参加できなかった人 […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月1日  支援委員会は特設サイトに掲載する、広告スポンサーも募集している。サイトは7月までの公開で一区画600レ。問い合わせは文協(11・3208・1755)、援協(同・3274・6484)、県連(同・3277・6108)のいずれか。この安価な値段に […]
  • 大耳小耳2014年3月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月6日  昨日公館長表彰を受けたドウラードス日本語モデル校の校長・城田志津子さんは、「天候に左右される農作物に一喜一憂しつつ、明日を信じて子どもと遊んできた。農業で節くれだった手が誇り」と農業者らしく挨拶。また、両親がデカセギに行った生徒が夕日を眺め […]