ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年3月26日

 24日午後4時頃、サンパウロ市南部ヴィラ・マリアーナのラセルダ・フランコ大通りで、商人たち20人ほどがマニフェスタソンを行い、タイヤや木材を焼くなどの行為を行った。軍警がかけつけたが、怪我人はなく、逮捕者も出なかった。これは同大通りで営業を営む商人たちが17日から設置されたバスレーンに反対して起こしたもの。商人たちはバスレーンが出来たことで駐車スペースが制限され、それが自分たちの商売に悪影響を及ぼしたと不満を述べている。交通公社(CET)は、商人との対話を積極的に受け止める意向だ。交通の円滑化を進め、好評のバスレーンだが、こうしたケースもある。

     ◎

 サンパウロ市西部のモルンビー公園近くのエビ・カマルゴ大通り沿いに12年後半に開発された住宅地域の住人や商人が、CEP(郵便番号)がないゆえのトラブルに陥っている。CEPがないため郵便が滞ることはもちろんのことだが、電気代の請求書なども届かないために、電気や携帯電話などが差し止めとなる事態が続いているという。カンポ・リンポ区役所は「1カ月のうちに解決を」と語っている。名司会者にあやかった名前を通りに付け、住宅地を作ったまでは良かったが。

     ◎

 70年代サッカーの名選手でバルセロナFCの元名誉会長のヨハン・クライフは、「バルセロナの問題」としてネイマールをあげた。「21歳なんて子供同然の選手になぜチームの大半の選手以上の金を払うんだ」とクライフは語る。同氏は以前も「メッシと両立できるのか」としてネイマール獲得に反対するなど、良い関係とは言えない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状2014年4月24日 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状 ニッケイ新聞 2014年4月24日  地元開催となる6月からのサッカー・ワールドカップで優勝を狙いたいブラジルの代表チーム(セレソン)だが、23日付フォーリャ紙が「レギュラーたちが試練のときを迎えている」との見出しで記事を組んだ。それによると、レギュラーと目されている11人のう […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • 東西南北2014年4月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月11日 リオのフルミネンセ海岸部のドゥッキ・デ・カシアスで、生まれて以来19年間監禁され続けてきた女性が10日に入院先の病院で死去した。この女性は精神に異常が見受けられ、体重はわずか25キロしかなかったという。この後、リオ市警の女性問題対策課は、母親 […]
  • 東西南北2014年4月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月3日  3月27日にサンパウロ市中央部セーで頭の部分が発見されたバラバラ死体に関して、3月から行方不明になっていたある男性の親族が「同一人物ではないか」と名乗り出ていたことが明らかになった。この親族は切り取られた頭部の写真を見て「ほぼ間違いない」とい […]
  • 東西南北2014年3月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月6日  サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレードの結果が4日に発表され、モシダーデ・アレグレが3年連続の優勝を飾った。同エスコーラの優勝はこれで10度目で、1971~73年に続き、2度目の3連覇を果たした。2位も3年連続でローザス・デ […]