ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | ブラジルで感じる出会いと別れ

ブラジルで感じる出会いと別れ

ニッケイ新聞 2014年4月3日

日本では、新年度、新学期が始まりましたね。進学、異動など別れと出会いが交差する春。サンパウロは今秋ですが、日本から遠く離れたブラジルにいる私にも気持ちの上での大きな別れが訪れました。
TBSに入社したのは2001年の春。当時TBSでは、入社から数ヶ月の研修を経て正式に社員となる10月に、『はなまるマーケット』内のクイズコーナーで「はなまるエプロン隊」として本格的にアナウンサーとしてデビューするという慣わしがありました。研修を受けているとはいえ、この時は右も左も、放送のいろはも分からないひよっこ。
そのエプロン隊を1年勤めた後、別のコーナーを担当。そして『はなまる』を旅立ち、入社から5年目の時に始まったのが『朝ズバッ!』でした。月曜日から金曜日まで毎朝2時には起きる生活。新たに始まった番組ということで、司会のみのもんたさんはじめ皆で試行錯誤。担当していたおよそ5年間、寝ても覚めても番組のことが頭から離れない日々でした。そして、その後今度はアシスタントとして再度『はなまる』を担当させて頂けることになり、退社するまで勤めました。
いずれも私にとってとても思い入れのある二つの番組が、この春最終回を迎えました。退社していても、ブラジルにいても、なんとも切なく寂しいです。遠くにいるから余計寂しく感じるのかもしれません。
別れと出会いの季節。ブラジルの学校は、新年度が1月下旬から2月上旬に始まり、7月が冬休みで、後半は8月から12月下旬までというのが一般的です。今年は、W杯が開催されブラジル戦の日はお休みになることもあるので、その分例年より早く新学期が始まったところが多かった様です。ブラジルでは1月が別れと出会いの季節ということになるかと思いますが、サンパウロは、1月は夏!暑くカラッとした日が続く時期です。さらにサンパウロは、一日の中に四季があるとよく言われ、朝晩は秋や冬がやって来たかのように寒かったり涼しく、日中は真夏の暑さだったりぽかぽか陽気だったりします。
ちなみにテレビ番組などの改編は、特にいつ行われると決まっている様子は無く、ブラジルの人々がこよなく愛し高視聴率を誇るグローボチャンネルの夜のドラマも、いつも決まった時期に終わるわけでは無い様です。
そんなところにも日本とブラジルの違いを感じつつ、日本での別れに思いを馳せて。そして別れの後は沢山の素晴らしい出会いがありますように。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • ボルソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月23日 ボルソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  10月7日の総選挙で新しい国会の議員は決まりましたが、大統領はボルソナロとハダジ、2候補の決戦投票(28日)になりました。  今までの支持率調査では、ボルソナロ(PSL党)59%、ハダジ(PT党)41%という数値が続いており、あと1週間もない投票日に向けて両陣営の激しい追い […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • 2年間の在伯生活を語る、フリーアナウンサー竹内香苗さん2015年1月7日 竹内香苗さん独占インタビュー=オブリガーダ、ブラジル!=「愛すべき国」への思い語る 突然の離伯、「志半ば」 「もっと長くいたかったし、知りたい事が沢山あった」―。 インタビュー開始早々、非常に残念そうな表情を見せる。当初5年間の赴任予定が2年に縮まり、その思いがけないブラジルとの別れは、曰く〃志半ば〃だという。 ブラジルの興味は多岐に渡った。観光、食はもち […]
  • 樹海2014年12月27日 樹海  本紙サイトで連載していた『竹内香苗のブラジル便り』が先週の第45回をもって終了した。竹内さんは愛知県出身のフリーアナウンサー。夫のブラジル赴任に伴い12年にTBSを退社し、同年11月からサンパウロ市に滞在していた。食や観光、W杯にクリスマス。日本から来たばかりの新鮮な目線 […]