ホーム | 日系社会ニュース | インテルコンチ 日本食祭り=「本場の日本食を知って」=横浜から2シェフが来伯=当地日本食に辛口批評

インテルコンチ 日本食祭り=「本場の日本食を知って」=横浜から2シェフが来伯=当地日本食に辛口批評

ニッケイ新聞 2014年4月9日

野々部、関シェフ

野々部、関シェフ

ブラジルは空前の日本食ブームと言いながらも、本場シェフの〃舌〃からすれば、実は「これが日本食と思われるのは…」とのレベルだという。そんな当地で百周年に続いて2回目となる「日本食祭り」(Festival Gastronomico Japones)を、ホテル「インテルコンチネンタル・サンパウロ」とエティハド航空が8日から5日間、同ホテル内で開催している。7日のプレイベントで、来伯したシェフは「日本で通常出しているものと同じ料理で、ブラジルの方にも本場の日本料理を知ってほしい」と意気込みを見せていた。

来伯したのは五つ星の「横浜グランドインターコンチネンタル」の関圭一(51、東京)、野々部雄一(53、同)両シェフだ。「風をはらんだヨットの帆」の形をした外観で有名な、みなとみらい地区の象徴とも言えるホテルだ。

メディア向けイベントではオードブルが提供された

メディア向けイベントではオードブルが提供された

同祭は、フランクフルトや上海などでも開催され、当地では08年の百周年時に第1回が開かれ好評を博した。宮田カチア国際販売部長が「当ホテルのお客様の17%は日本人。日本食の朝食など日本人向けのサービスも充実させている。もっと多くの方に知ってもらいたい」と企画した。
調味料はシェフらが120キロ分を持参したが、食材は現地のものを使用する。野々部シェフは「サーモンなどは特に油が乗っていて状態が非常に良い。日本より魚の種類は少ないが、魚の質が良いので驚いた」と当地の食材に好印象を受けた様子。
百周年時にも来伯した関シェフも、「『丸海』(リベルダーデ区の日本食材店)に行ったら柚子胡椒やおろしポン酢など、思ったより種類が豊富だった」と驚きを見せる。しかしながら当地の日本食事情に対しては辛口で、「市内の日本食店にも行ってみたが酢の物は甘すぎるし、煮物もちゃんと出汁をとっているのか…。調味料も使いこなせているかは疑問」と苦笑い。
前回の同祭時に参加者から「本当の和食店は5店くらいしかない」と聞いていたが、現在も「前回とあまり変わってない感じ」との印象とか。関シェフは「これが日本食と思われるのは…。これだけ日系人がいるのだから、もっとちゃんとしないといけないという使命感を感じた」と力説し、「可能性があるならこちらのホテルで働きたい」とも話した。
コース料理は前菜、握り、刺身、てんぷら、小鍋など全15~6種類で110レアルと手ごろな価格設定となっている。平日は夕食のみ(午後8時~)、12日は昼食も提供。申し込みは同ホテル(電話=11・3179・2555、住所=Al. Santos, 1123, Jardins)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外出自粛中=いつもの日本料理を味わおう!=各店工夫の持ち帰り、弁当で2020年4月30日 外出自粛中=いつもの日本料理を味わおう!=各店工夫の持ち帰り、弁当で  クアレンテーナ(検疫)で外出自粛令の最中、サンパウロ市の日系レストランでも、ヴィアージ(持ち帰り)を行う店舗が増えてきた。主な日本食店の持ち帰りサービスを紹介する。 (1)居酒屋「一茶」の「原口さんのお弁当」は魚弁当、焼きうどん、生姜焼き、カツカレーなど充実の計8種類。 […]
  • 東洋街の日本食を味わおう!=外出自粛中も持ち帰り、弁当で2020年4月25日 東洋街の日本食を味わおう!=外出自粛中も持ち帰り、弁当で  外出自粛令開始から1カ月、サンパウロ市リベルダーデ区の日系レストランでも、ヴィアージ(持ち帰り)を行う所が増えてきた。主な日本食店の持ち帰りサービスを紹介する。 (1)博多豚骨「一幸舎」の宅配ラーメンは、麺が伸びないようスープは専用カップ入れ、麺と分けて配達している。お […]
  • 外出自粛=「食べてストレス発散を!」=ヤキソバ、焼き飯9・90レアル2020年4月18日 外出自粛=「食べてストレス発散を!」=ヤキソバ、焼き飯9・90レアル  「最近は新型コロナウイルスについての暗いニュースばかり。気軽に日本食を食べる楽しみを味わってもらい、家の中にいるストレスを少しでも発散してほしいと思い、この価格に設定しました」――サンパウロ市のニッケイパレス・レストラン(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選2015年12月19日 ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選 サンパウロ  鈴木文子 大西日こもる熱気の窓を開け 【夏の西日は日中よりも我慢出来ない位の厳しさである。そんな西日から守るために日本では簾を下ろしたり、日除けを廻らせたり又、客を待って打ち水をしたりする。  この句は大西日を受けて、熱気の篭った部屋の窓を、ようやく日の落ち […]
  • 日本食は2番目に好かれる外国料理2014年4月24日 日本食は2番目に好かれる外国料理 ニッケイ新聞 2014年4月24日  「日本食品に対するアンケート調査」が先月、JETROサイトで公開された。日本人を除く500人のサンパウロ州民を対象に昨年行われたもので、サンパウロ州民の好きな外国料理はイタリア料理に続いて日本料理が第2位だという。伊料理を1位に選んだのは回 […]