ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月18日

 昨日付本欄で報じた、サンパウロ水道公社がサンパウロ市内の給水水圧を深夜0時から5時間にわたって75%下げているという文書が市庁舎内で出回ったとの説に対し、サンパウロ市区役所統括局長のシコ・マセナ氏(PT)が「水道公社は透明性に欠ける」と批判。それに対し、州衛生・水資源局長でジェラルド・アウキミン知事(PSDB)に近い人物とされるマウロ・アルセ氏は「そんなことはデタラメだ。嘆かわしい」と返した。水不足を介した政党間対立よりも、水不足の前向きな解決を望みたい。なお、15日に終日降った雨で、16日のカンタレイラ水系の水位は12・0%から12・3%に上がった。

16日夜、サンパウロ州カラピクイーバにある80年代の人気ヴォーカル・グループ、トリオ・ロス・アンジェルスの中心人物マルシオ・メンデス宅に強盗が入り込み、その場にいた家族4人が縛られ、暴行を受けた。幸い、家にいたことを強盗に気づかれなかったマルシオの妹が通報して軍警がかけつけたが、電化製品などを盗んで車で逃げようとしていた犯人が軍警たちに発砲したため、軍警が5人のうち3人を射殺(2人は逃亡)した。マルシオにとっては恐怖の1日となった。

18日から21日までは4連休。サンパウロ州ではこの連休中、多くの旅行客が海岸部に向けて動くと予想されるが、ここ数日続いている曇り模様は連休中も引き続く見込みで、今日や明日土曜にかけては雨も降りやすくなるというので注意が必要だ。連休中は銀行や保健所などが休みとなるほか、ショッピングも休日営業扱いとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ