ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月25日

 W杯で来伯する日本代表選手団にコロニアから差し入れを申し込んだ件が、どこかの段階で止まっているようだ。日本サッカー協会の主要協賛企業が大手飲料メーカーであり、スポンサー契約絡みとあって、サンジョアキン農協の発泡ワイン差し入れに難色を示しているのか――との推測も聞こえる▼W杯自体が巨大商業イベントであり、スポンサー契約でがんじがらめにされたビジネスだ。「応援の差し入れ」という単純な厚意は通じないことが充分に考えられる。解決策の一つは、聖南西文化体育連盟や文協、農拓協などの「非営利団体」が差し入れ受付け窓口となって、各農協や農家の申し出を複数集め、商品名のない「非営利団体からの差し入れ」という形にした方がいいようだ▼日本側関係者からは「総領事館を通すのも良くない」との声も聞く。総領事館→外務省→文科省→日本体育協会→日本サッカー協会という経路を通って伝えられ、返事もその経路を経て戻ってくるために、時間も手間もかかりすぎる―との意見だった。「差し入れとか歓迎会の話だったら、日本サッカー協会に直接話をしたらいい」と事情に詳しい人物は断言した▼日系社会側としては付き合いのある総領事館につい頼ってしまうが、事と場合によっては直接に日本と連絡を取った方がいいようだ。思えば県人会が母県と連絡をとるのに、いちいち総領事館を通したりしない。外務省を通す必要のない話も現実的には多いだろう▼勘違いしがちだが「日本代表」という存在は国際的だが、スポーツなので所轄は外務省ではない。たかが「差し入れ」とはいえ一筋縄ではいかないようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」2011年1月1日 ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」 特集 2010年新年号 ニッケイ新聞 2011年1月1日付け  「チルチルミチルの青い鳥」の話を挙げるまでもなく、本当に必要なものはすでに手元にあるのかもしれない。 […]
  • 樹海2014年6月28日 樹海  今年も県連主催の「第17回フェスティバル・ド・ジャポン」がサンパウロ市で来月4~6日まで行われる。開催までは会場費の問題を中心に、すったもんだするが、あとは開幕を待つだけだ。W杯の日本代表は残念だったが、ブラジルに残っている日本人観光客はまだいるはず。是非足を運んで欲しい […]
  • コラム 樹海2013年10月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月29日  県連日本祭りの会場問題がまた持ち上がっている。世界最大級の地元開催による日本をテーマにした祭りだけに、このまま消滅してしまうのは誠に惜しい。もちろん県連関係者にこそ、その想いが強いだろう。来年はサッカーW杯と重なる時期だけに、日本からの来 […]
  • W杯日本代表に日系社会から応援を2014年4月2日 W杯日本代表に日系社会から応援を ニッケイ新聞 2014年4月2日  W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、 […]