樹海

 復元工事を終えたカザロン・ド・シャが新たな文化拠点、市の観光スポットとして注目を浴びている。未舗装の田舎道、見渡す限りの緑の中、カザロンは不思議な存在感を放つ。どこか日本離れした華やかさがある建物だ▼くぎを一本も使わないはめ込み方式の宮大工的な建築で、特殊技術を要することから日本からわざわざ大工を呼び寄せて修復した。立て直した方が安くつくほど手間のかかる作業だったが、おかげで日本移民史のシンボルに生まれ変わった。これからは同市の子ども達の移民史学習の拠点にもなる▼86年に連邦政府によって文化財と認められ、コロニアの財産の中では唯一の連邦指定文化遺産となった。日本文化普及を目指す日系団体にとっては貴重な施設だが、中谷哲昇さんが保存運動を始めた90年代当時、地元日本人会の反応は「半ば白眼視」だったと、同氏が2005年に本紙に寄せた寄稿にある▼中谷さんに聞くと「多分、彼らにはカザロンの価値自体が分からなかったんだろう」と言った。思えば今は日本でも、古典音楽や伝統舞踊などは国内の若者には不人気で、海外で価値の再発見が起こっている。カザロンのケースもそれに似ている▼最終的に建物の価値を認め、復元資金を出したのはブラジル社会だ。しかしそれはコロニアが躍起にならなくとも、ブラジル社会に日本移民の価値を認めようという動きがあるという証ともいえる▼カザロンは、コロニア遺産がブラジル国のそれになったという一つの象徴だ。W杯や五輪で注目が集まる今を機に認知度を上げ、中谷さんら有志に頼り切らない継続した保存運動が今後も必要だろう。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]