ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)

「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」
「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」
 西谷が、
「皆さん、この辺でお茶会を終わらせましょう。皆さんご苦労さまでした。仏様も大喜びでした」

 スザノ市の『金剛聖寺』(架空)を後にした一行は、古川記者の運転で、二時間後、インテルツール旅行社に着いた。
「残念!『聖正堂阿弥陀尼院』さんとの前代未聞のインタビューを逃がし・・・」古川記者が未練がましく嘆きながら車から降りた。
 カヨ子さんがワイヤレスの受話器を持って一行を迎えた。
「(サンパウロ総領事館からよ。うるさく電話してくるのよ、ジョージさん、又、領事館とイザコザを起こしたの?)」
 ジョージはカヨ子さんを睨みつけてから受話器を取り、
「ウエムラです!」
【サンパウロ総領事館の西です。ずっと探していました。貴方の秘書が貴方の携帯電話を教えてくれなくて困りましたよ】
「別に、番号を教えても差し支えないんですがね? お電話されたのは森口の件でしょう? それが、実はその~、今から・・・その件で、」
【そうです。森口の件で電話しました。、どうも有難う御座いました。森口の情報をいただき、無事、身柄を拘束できました】
「森口を逮捕した?!」
【はい、ブラジルの連邦警察との連携も上手く行って・・・、それから森口が自白しましたよ!】
「自白しましたか、それはよかったですね。二十数億円は無事に・・・」
【勿論ですが、貴方がおっしゃった殺人の件ですよ! それをお伝えしようと、お電話しました】
「えっ! 森口が殺人を白状したんですか?」
 その話を脇で聞いていた皆は、歓声を上げて喜んだ。
【そうです! それでですね。・・・、ジョージさん、もしもし・・・】ジョージは受話器をそのままに、
「中嶋さん! 森口が殺人を白状したそうです」
「だから、『聖正堂阿弥陀尼院』(せいしょうどうあみだにん)さんが『大過を逃れ、そうず;葬頭がわ;川を無事渡りもうされた』訳ですね」
「アロー!、ニシさん! 失礼しました。ちょっとお聞きしたい事が、誰が森口の情報をもたらしたんですか?」
【ジョージさんが領事館によこした村山さんと小川さんですよ。取押えにも協力していただき、本当に有難う御座いました】
「ええっ! 村山と小川がですか?!」
 一同、顔を見合って沈黙した。
【もしもし、ウエムラさん、一度、是非お会いしてお礼を、もしもし・・・】

 一週間後、東洋街で繁盛一番の『ポルケ・シン』食堂で、
「『聖観音』が盗まれた~!」
「店長! お賽銭はそのままですし、盗まれたのじゃないですよこれは!」
「では、どうして無くなったのだ?」
「当り前でしょう!、こんな騒がしい食堂に観音さまを置くなんてとんでもねー。それで、とうとう我慢できず家出しやがったんだ」と、日本から遊びに来て、そのまま給仕として居座った小川と云う背の低い店員に言われ、オーナーの前田氏は警察に盗難届けするのをあきらめた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(169)2014年6月3日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(169) 第三十三章 理想 二日後、ロンドリーナ大学病院で緊急治療病床から一般病棟に移された中嶋和尚と黒澤和尚がブドウ糖の点滴を受けていた。そのベッドに腰掛けた古川記者が、「では、救われた世界の平和と和尚さん達の快復を祝って乾杯しましょう」病院内を尊重してジュースと小声で乾杯した。  […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]