ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 白寿者表彰で、俳句が趣味の7月に100歳を迎える櫻井さんは今の気持ちを一句。「百歳を昨日にさらせ明日を詠む」。「こういった節目の機会には不思議と浮かび上がるんです」と、喜びを表現した。「これまでを振り返り、懐かしみながら反省し、これからもしっかり生きていきたい」と重みのある言葉を口にした。
     ◎
 聖南西文化連盟が青年部向けに開催した政治家による講演会で、若者から「圧倒的に面白かった」と関心をもたれたのは、安部順二連邦下議の話だった。自分の取り組みにとどまらないブラジル全体の問題点・課題を、スライドを使って分かりやすく解説したのが受けたようだ。「日系人は政治への関心が薄い」とよく言われるが、それはニュースや新聞から一歩踏み込んだ解説に触れる機会が少ないからかも。コロニアの味方となる日系議員を更に輩出するためにも「政治家なんて誰に投票しても同じ」という意識を払拭するような、意義ある取り組みといえそう。
     ◎
 文協桜祭りで野球教室が開かれるのは今回が初めて。指導するのはバルゼン・グランデ文協野球部員たち。同地からピッチングマシーンを持ち込み指導に当たる。バッティングセンターのない当地では貴重な機会か。花に興味のない男性陣も行ってみてはいかが?
     ◎
 在聖総領事としてコロニアに広く愛された大部一秋現ウルグアイ大使が12日、肝不全で死去したと朝日新聞などが報じた。本紙でも訃報を先週出したが、その時、在聖総領事館や同大使館に問い合わせても死亡日時や死因が分からなかった。同報道によれば「葬儀は近親者で営まれた。喪主は妻栄子さん」とのこと。同大使館によれば記帳も行われたそう。本紙サイトでも一時、訃報としては異例のアクセス順位1位となるなど、ブラジル関係者の中でも悲しむ声が挙がっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一2020年8月21日 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一  沖縄県の唄『島唄』は、「デイゴの花が咲き 、風を呼び、嵐がきた」で始まります。宮沢 和史 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第23話2020年8月1日 中島宏著『クリスト・レイ』第23話 「だからね、言ってみればここに移民としてやって来た人たちは、みんな同じ宗教を持っているし、みんな親戚というか、家族みたいなものなの。たまたま、その家族全部が、キリスト教のカトリック信者だったということね。そういうことで、ここに住んでいる人たちは、日本にいるときからのキリスト教信 […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機2020年7月23日 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機  バッタが再び、アルゼンチン側から国境に再接近していると21日付のエポカ誌が報じている。以前接近が報告された6月24日のウルグアイ領130キロ地点よりも近い、120キロ地点で観測された。  バッタはパラグアイで発生し5月中旬にはアルゼンチンへ到着、農作物への多大な被害 […]