ホーム | 日系社会ニュース | W杯日本代表=完全敵地でコロンビアに大敗=クイアバ競技場は黄赤一色=「初戦から今の勢い欲しかった」
コロンビアの得点の瞬間、肩を落とす日本人サポーターら(撮影=酒井大二郎記者)
コロンビアの得点の瞬間、肩を落とす日本人サポーターら(撮影=酒井大二郎記者)

W杯日本代表=完全敵地でコロンビアに大敗=クイアバ競技場は黄赤一色=「初戦から今の勢い欲しかった」

仲良く記念撮影する両国のサポーターたち(アンジェロ・イシさん提供)

仲良く記念撮影する両国のサポーターたち(アンジェロ・イシさん提供)

 【酒井大二郎記者=クイアバ発】W杯グループステージで日本代表は24日、マット・グロッソ州都クイアバのパンタナール競技場でコロンビア代表と対戦し、1対4で敗れた。「ラ米のコッパ(W杯)」と称されるほど中南米代表チームが次々と決勝トーナメント進出を決める中、この試合会場も8割近くがコロンビアを示す黄色と赤で染まる完全なアウェー(敵地)の環境だった。日本から駆け付けたサポーターや地元ブラジル人らの熱い声援もむなしく、日本チームは完敗を喫して敗退が決まった。

 「ヴァモス・コロンビア!」。サンパウロ市を早朝に発った旅客機がクイアバ国際空港の滑走路に着陸した瞬間、一人の乗客が発した掛け声とともに、大きな拍手が機内に沸き起った。機内がすでに〃アウェー〃状態と化していた。競技場に向かう路線バスは黄色いユニフォームで溢れ、スペイン語の応援歌が車内に響き渡る――。
 地元住民の多くが味方に付き、日本により大きな声援が送られたレシフェ(対コートジボワール)、ナタル(対ギリシャ)での過去2戦から一転、隣国コロンビアからサポーターが大挙したこの日の試合は、3戦目にして初めて日本代表にとって〃完全アウェー〃の雰囲気に包まれた。
 「コロンビア!」と地鳴りのように響くの声援は、秩序だった日本の応援コールをかき消してしまうほど。それでも競技場には、地元民を中心とした日本を応援するブラジル人の姿も目立った。
 2000年代初期の日本代表のユニフォームを着て来場したクイアバ在住の医師エウデル・ルスさん(34)は、「1カ月だけだけど、父が日本に滞在していた。自分は実際に訪れたことはないけれど、新聞やテレビでいつも日本のニュースを気にかけている。今日は父が日本で買ってきてくれたこのシャツで、日本代表を応援するよ」と力強く話した。
 「剣道をきっかけに日本文化に関心を持った」という大学講師のジョアン・ヌネスさん(37)も、「今日は日本が勝つ」と友人とともに気勢を上げていた。
 前回の試合から8人の選手を入れ替えたコロンビアに対し、日本チームは序盤から積極的に攻めたが、鋭いカウンター攻撃に対応しきれず、PKによる失点で出鼻をくじかれる。前半終了間際にFW岡崎慎司が得点し同点で折り返すものの、後半開始から主力選手を投入してきたコロンビアに地力の差を見せつけられ、大敗を喫した。
 そんな選手のピッチ上での闘志に、物足りなさを感じる声が観覧席では聞かれた。98年のフランス大会から5大会連続の観戦となった松木まりさん(48、東京)は、「大会を通じて勝利への執着心が足りなかったように見えた。最初から今日の前半くらいの勢いを持ってやれていれば…」と肩を落とした。
 終了後、力が抜けたようにグランドを見つめていた自営業の石毛大己さん(42、神奈川)は「残念すぎる」とポツリと呟いた。「強いチームは、決めるべきエースがきちんと点をとって勝っている。それが出来なかった日本は、やはり個の力がまだまだ足りていないということ。4年後の次の大会に向け、顔を上げていくしかない」と振り絞るように話していた。
 W杯前の本紙取材に対して、「ずばりベスト4を期待」といっていた呂比須ワグナーさん(元日本代表、クリシウマFC監督)もコロンビア戦の後、「とても残念な試合結果だ」と電話でコメントした。「ゴール前の決定的場面で、シュート機会を逃す場面が多すぎた。日本代表が本来持っている能力がまったく試合に出ていなかった。もっと良い結果が出せたはず」と落胆した様子だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散2018年6月9日 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散  ロシアW杯開幕まで、あと5日。世界中の多くのサッカーファンが開幕を心待ちにしているが、4年前にサッカーの祭典の舞台となったブラジルでは、大会用に建設された一部のスタジアムがほとんど使われなかったり、W杯開催のために建てられた都市整備計画が実行さなかったりと、問題も山積 […]
  • 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手2017年12月19日 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手  2007年のサッカー世界最優秀選手で、サンパウロ市出身でもあるカカー(35)が17日、現役生活を引退することを発表した。18日付現地紙が報じている。  1982年に連邦直轄区で生まれたカカーことリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイテは、生後まもなくクイアバに移 […]
  • ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練2016年6月17日 ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練  6月12日、コパ・アメリカ100周年記念大会、1次リーグ最終戦でブラジルはペルーに0対1で破れ、グループリーグ3位に陥落、同大会から姿を消した。 ペルーの決勝点は完全なハンドで、ブラジルに同情の余地はあるが、初戦のエクアドルでは逆に誤審に助けられ、辛くも引き分け。エクアドル、 […]
  • 巨人のコーチが直接指導=野球教室、5日間5都市で=元広島・玉木氏も助っ人に2015年9月18日 巨人のコーチが直接指導=野球教室、5日間5都市で=元広島・玉木氏も助っ人に  日本プロ野球の読売巨人軍からジャイアンツアカデミーの平岡政樹コーチが来伯し、8月27~31日に国内5都市で野球教室を行なった。当地からの要請を受け外交樹立120周年事業として実現。プロによる直接の指導に各地から喜びの声が上がった。 平岡コーチは2004~06年まで巨人に在籍し […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]