樹海

 今年も県連主催の「第17回フェスティバル・ド・ジャポン」がサンパウロ市で来月4~6日まで行われる。開催までは会場費の問題を中心に、すったもんだするが、あとは開幕を待つだけだ。W杯の日本代表は残念だったが、ブラジルに残っている日本人観光客はまだいるはず。是非足を運んで欲しいと思う▼もし日本代表が勝ち進んでいれば、5日に準々決勝になる可能性もあった。そうなれば、日本祭りに向く足も―との声もあったが、客の大部分である日系人の関心は日本代表にはないように思う。もちろん、リベルダーデや各地であった観戦会には多くの人が訪れてはいる。ただ、予選勝ち抜きを決めるコロンビア戦などでは弊紙の従業員含め、関心すらないといった雰囲気だった▼日本から来たメディア関係者らが、それがちょっと不思議のような感覚があったようだが、それが一般の日系人の感覚といったところだろう。日本に目を転ずれば、ちょっと異常なほど無理やりに盛り上げているような感じさえする。そんなに日本人はサッカーが好きだろうか。辟易している人も多いだろう。本当に熱心であれば、今回のような結果になっていないような気がする▼さて。記憶が定かではないが、以前はフェスティバル・ジャポンの日程に、他イベントはあまりなかったように思う。今回は聖母婦人会のバザーや、全伯太鼓フェスティバルなどが行われる。日本祭りに関心のない人たちが対象と見たのだろうか。県人会4県も不参加だ。去年は1県だった。スポンサー集めも厳しく、求心力低下との見方もできる。来年実施の鍵は、今年の結果いかんなのだろうが…。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催2017年12月6日 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人 […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]