ホーム | コラム | 樹海 | W杯で光ったクロアチアの大統領のモラル

W杯で光ったクロアチアの大統領のモラル

 ロシアW杯で注目を集めた人物の一人に、準優勝したクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領(50)がいる▼同国初の女性大統領で子供が2人おり、大のサッカーファンだ。W杯のチケットもポケットマネーで購入。大会中は休暇をとり、自費購入のエコノミークラスのチケットで渡航した。観戦時は自国代表チームのユニフォームを着、一般席で応援していたが、準々決勝の対ロシア戦は、気づいたロシア側高官に招かれ、途中から貴賓席で観戦した。勝利が決まると、メドヴェージェフ露首相の隣で小躍りしてからロッカールームへ。選手達と喜びを分かち合って、写真も撮った▼準決勝の対英国戦は北大西洋条約機構(NATO)の会議のため、副大統領に観戦させたが、決勝戦は自ら観戦。表彰式にもユニフォーム姿で参加し、母親のような抱擁で選手らを労い、祝福する姿が話題となった▼親近感を感じさせる人柄とモラルの高さはブラジルの国内メディアも誉めそやしたが、それもそのはず。W杯終了後、ブラジルの連邦議員らが、外国にいながら、国内移動用に小型機をチャーターした費用を議員経費として請求したとか、身辺警護費として請求した金は庭師などに払われていたという、モラルの低さを裏付ける報道がなされたのだ。4月には、労働者党(PT)議員がクリチバ市にいるルーラ氏を訪問した経費も議員経費として請求されたと聞いて呆れたが、その記憶も覚めやらぬ内に聞こえてくる汚職などの報道に、ブラジルの政界浄化はいつ? との思いが再び頭を持ち上げる。10月の統一選では、公私混同どころか、私腹を肥やすのが当たり前になった政治家の一掃も望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]
  • ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を2019年3月26日 ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を 「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題    戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  た […]