ホーム | W杯パッセ | ステーキとお茶漬け

ステーキとお茶漬け

 6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。
 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間ですら会場には人だかり―という予想外の展開に。「例年より人が多い」との声まで聞く。市民の大半はW杯を堪能しているが、2千万サンパウロ大都市圏住民には、そうでない人もかなりいることが分かった。
 「ボールを使った格闘技」的なサッカーは、欧米が持つ肉食系文化の特徴を持つスポーツだ。いくらステーキが好きな人でも一カ月以上、毎日それだけだったらウンザリする。たまにはサッパリしたお茶漬けでも食べたい気分になる。そんなW杯に飽きた人、元々興味ない人がこぞって会場に足を運んでいるらしい。
 清々しい霊峰写真の前で嬉しそうに記念撮影するブラジル人を見ながら、日本文化自体がどこか草食系的だと感じた。(ニッケイ新聞・深沢正雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年7月4日 大耳小耳  日本祭りの準備で聞こえてくるのは、金曜のサッカーW杯への不安。準々決勝が行なわれ、午後5時からはブラジル代表も試合を行なう。「昨年よりも金曜の販売量を減らしたわ」といった弱気な構えもあったが、その時間帯にどれだけの来場があるか。日本祭りの会場で試合観戦しようという判断もあ […]
  • コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年2003年12月27日 コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年 12月27日(土) […]
  • 「私に任せて」のはずが…2014年7月4日 「私に任せて」のはずが…  イトゥ滞在中、ホテルに洋服のクリーニングを頼んだ。当日仕上がりのはずが、翌日、チェックアウトの時になっても「まだ」という。フロントの女性は申し訳なさそうな顔で「届き次第、すぐにサンパウロのホテルに郵送する」と言ってくれた。 3日たった。届かない。確認の電話をすると、別のフ […]
  • コッパ微塵のレストラン2014年7月2日 コッパ微塵のレストラン  「お客さんが押しかけるかと期待したのに、すっかり騙された。コッパ(カップのポルトガル語=W杯)だけにコッパ微塵ですよ…」。サンパウロ市内のさる日系レストランに顔を出すと、旧知のクソ真面目な店主はのっけからそう嘆いた。 「笑点なら『座布団一枚!』だ」と内心は大笑い。でも相手 […]
  • 代表戦の裏のドタバタ2014年6月25日 代表戦の裏のドタバタ  ブラジル代表の初戦12日、サンパウロ市は特別休日になった。第2戦の17日は休みではなかったが、市内は昼過ぎに300キロ超の大渋滞を記録した。大半の会社が昼に一斉帰宅させたから起きた異例の渋滞だ。 自国代表の試合を見るために会社が半日になるなど、日本ではありえない。でもここ […]