ホーム | W杯パッセ | 「玉手箱のような国」

「玉手箱のような国」

 日本から持ち込んだカップラーメンは帰国までに食べきれそうにない。肉の塊を炭火で焼いた「シュラスコ」や、芋の粉を焼いたチーズパン「ポン・デ・ケージョ」、サトウキビの絞り汁で作る伝統のカクテル「カイピリーニャ」…。ブラジリアンフードはどれも安くておいしい。
 日本食が恋しくなっても、サンパウロなら日系人の経営する店も多く、困らない。カツカレーが2千円と値は張ったが、日本と変わらない味に感激した。
 15歳まで島田市金谷で育ったパティシエ伊沢彩子さんに出合い、取材に対し「この国は玉手箱のよう」と語ってくれたのが印象的だった。日系社会のおかげで日本食材のほとんどは手に入る。加えてアマゾン川流域などにはブラジル人も知らない食材があふれているという。きっと埋もれているのは食材だけではないだろう。
 ベテラン記者たちが「これほど移動が大変な大会はなかった」と口をそろえるW杯もついに終わった。約1カ月前にサンパウロに着いて以降、計11便の飛行機を乗り継いで7都市を巡った。これまでの移動距離はざっと1万5000キロに及ぶ。さまざまに表情を変える景色を飛行機の窓から眺めては、この国の潜在能力の高さに思いをいたす日々だ。(サンパウロ=静岡新聞特派員・南部明宏)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 熱帯情緒あふれるマナウス=日本人向けに観光地紹介=大河アマゾンに癒されて2012年1月13日 熱帯情緒あふれるマナウス=日本人向けに観光地紹介=大河アマゾンに癒されて アマゾナス州 昨年末、オールカラーの日本語版ガイドブックを刊行し、日本人観光客誘致に力を入れるアマゾナス州政府。ガイドブックのランサメントの機会に、12月6〜8日の3日間、ジャングル・ロッジ「アリアウー・アマゾン・タワーズ」などの州都マナウス市周辺の有名観光地を訪れた。世界最大 […]
  • 2013年8月31日 来たる!ワールドカップ=開催12都市を簡単に紹介=(9)マナウス ニッケイ新聞 2013年8月27日 写真=アマゾン川に浮かぶ島にある村で、手工芸品を作るカボクロの女性 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 東西南北2011年2月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年2月24日付け […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]