樹海

 W杯ドイツ戦の前半、伯国代表は電源が切れた玩具のように、相手のなすがままに6分間で4得点も決められた。サッカー王国において「7月8日」は百年後も激論の的となる屈辱の日となった。マスコミが「アパゴン」(大停電)と呼ぶこの〃魔の刻〃に何が起きたのかを勝手に推測した▼前回の自国開催時は優勝未経験だったが、今回は5回優勝の実績から「当然優勝」という国民の期待の重圧がかかっていた。世界中探してもそんな国は他になく、選手や監督にとって尋常でない心理的負担になっていただろう▼人は誰しもプレッシャーに弱い部分がある。チリ戦が延長、PKとなり、ゴレイロのジュリオが2つも止める神業を見せてチームを救った時、主将チアゴ・シルバすら座り込んで泣いていた。あの時点で選手の多くはすでに心理崩壊寸前の状態にあったのだろう▼国民の重い期待に応えていた大黒柱がネイマールであり、彼が負傷離脱したことでチーム心理に空洞が生まれた。今までなら1点先制されても「彼が返してくれる」と心を落ち着かせたが今回はいない。動揺を落ち着かせる間もなく2、3点目となり完全崩壊した▼伯国代表は6試合目で伝統チームにあたるというクジ運の良さに恵まれた。「格下相手」という優越感が、今までの薄氷を踏むような勝利を支えてきたのか。そこにドイツ、ネイマールと主将の不在という負荷が加わった時、最初の一撃でチーム心理が崩壊したか▼奇しくもリオのキリスト像の足元のマラカナン競技場で現・前法王を抱える亜国とドイツが決勝戦を争う。世界最大のカトリック国でのW杯に相応しいラストかもしれない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年5月1日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月1日  サッカー伯国代表が、対チリ代表戦で同点で終り不評を買った。コンフェデ杯は6月15日、対日本戦(ブラジリア)で始まる。これが1年後のW杯への最後の本格的調整だが、引き分けばかりの今のセレソンでは優勝は難しい。とはいえ、前回の南ア大会の時、伯国は […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • ブラジル代表=国内合宿もあとわずか=マリオ・ザガロも激励に2018年5月26日 ブラジル代表=国内合宿もあとわずか=マリオ・ザガロも激励に  ロシアW杯まで、残すところあと19日。6度目のW杯制覇を目指すブラジル代表は、21日からリオ州テレゾポリス市の合宿所で一次キャンプを行っている。  グランジャ・コマリーの愛称で知られる合宿所には、選手の姿を一目見ようとブラジル各地からファンが訪れ、大会直前の雰囲気も […]
  • W杯南米予選ブラジル代表=パウリーニョ3得点の大爆発=7連勝で予選突破も目前2017年3月25日 W杯南米予選ブラジル代表=パウリーニョ3得点の大爆発=7連勝で予選突破も目前  23日のサッカーの南米予選、敵地でのウルグアイ戦に臨んだブラジル代表(セレソン)は、パウリーニョの3得点の大活躍で4―1で圧勝し、依然首位を快走している。24日付現地紙が報じている。  試合は前半9分、ウルグアイが得たPKのチャンスをエース、カバーニが決め、相手側が先攻 […]
  • サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍2017年3月15日 サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍  現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17 […]