ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日午後4時頃、サンパウロ市東部タトゥアペーのヴィレッタ通りで、7千ボルトの高圧電線が切れて車の上に落ち、乗用車が炎上。衣服販売員のニヴァウド・ゴメス・ダ・フレイタ・ジュニオールさん(29)は感電と火傷で即死し、助手席に乗っていた妻のエリヴァニアさん(30)も全身の30%に火傷を負う重症で、救急病院に入院中だ。同通りは電線が切れる事故が頻発しており、市警は電線の管理に問題がなかったかを調査中。電力会社のエレトロパウロも調査に協力するとマスコミを通じて発表した。被害にあった夫婦には3歳になる長女がいたが、その時間はまだ保育園にいて同乗していなかったという。
     ◎
 17日にブラジル・サッカー連盟(CBF)が企業家のジルマール・リナルディ氏をセレソン・コーディネイターに選出したことを受け、ロマーリオ下議は憤慨を抑えきれず、ツイッターでこの人事を批判した。同下議はジルマール氏は「個性がなく無能」で、「彼の商売にセレソンが利用されることになる」と語り、かねてから批判していたジョゼ・マリンCBF会長の解任を求めた。ロマーリオ、ジルマールの両者は共に94年W杯の優勝メンバーだが、不仲のようだ。
     ◎
 国際環境団体のグリーンピースが17日、サンパウロ市西部ジャルジンスでサンパウロ市の水道危機に警鐘を鳴らす抗議デモを行なった。同団体はジェラルド・アウキミン知事のマスクをかぶり、同知事を批判した。奇しくも発表されたばかりのダッタフォーリャの調査で同知事は再選可能性、現政権評価で高い評価を得ていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月6日 東西南北  本面で報じているように、大統領選の注目人物のアウキミン氏やハダジ氏がサンパウロ州検察局に起訴され、ボルソナロ氏も「汚職撲滅」のイメージに響きかねない報道があるなど、様々なことがあった。大統領選にドラマ性を求める向きには面白い展開といえるが、起訴する気なら、政見放送で選挙戦が本 […]
  • 政党再編するなら、どの党から?2018年7月27日 政党再編するなら、どの党から?  大統領選まで、早いものであと2ヵ月あまり。サッカーW杯も終わり、伯字紙もこの話題が中心になっている▼今回の選挙は、ラヴァ・ジャット作戦以降の政界大混乱の収束が求められる選挙と位置づけられている。だが、それが故に、まだどう転ぶかわからず国民は迷っている最中だが、それは政 […]
  • 東西南北2018年7月25日 東西南北  ここ最近、現地紙の報道でよく話題になる「大統領選キャンペーンでの放送時間」について、23日付エスタード紙が、現在予想される政党連立の状況に従うと、ジェラウド・アウキミン氏の30秒間の政見放送は8月31日までの5週間で318回、つまり1日平均9回流れると報じた。以下、労働者党( […]
  • 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目2018年6月16日 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目  4年に一度のサッカーの祭典FIFAワールドカップが、いよいよ14日に始まった。世界各地域の予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、7月15日までの一カ月をかけてサッカー世界一を決める。ロシア大会は21回目で、ブラジルは世界で唯一、全ての大会に出場し、世界最多 […]
  • 《サンパウロ州都電》13号線が遂に開通=サンパウロ市内から、グアルーリョス空港まで直行2018年4月3日 《サンパウロ州都電》13号線が遂に開通=サンパウロ市内から、グアルーリョス空港まで直行  3月30日に、サンパウロ市内とグアルーリョス空港をつなぐパウリスタ都電公社(CPTM)13号線が開通した。3月31日付現地紙が報じている。 […]