ホーム | 日系社会ニュース | グァタパラ移住地=泥炭売って新会場建設=予想外の余得喜ぶ52周年=入植祭で埋葬者200人偲ぶ=〃地下資源〃有効活用へ
新設された屋根付きのイベント会場
新設された屋根付きのイベント会場

グァタパラ移住地=泥炭売って新会場建設=予想外の余得喜ぶ52周年=入植祭で埋葬者200人偲ぶ=〃地下資源〃有効活用へ

 グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は19、20の両日、同中央会館で「移住地入植52周年祭並びに収穫祭」を行ない、二日間でのべ2千人弱の来場者で賑わった。式典や各出し物が披露された会館横の新設イベント会場は、昨年末に建設されたもので、資金源は移住地の〃地下資源〃泥炭だった。

 茂木会長は「泥炭を売った収入で900平米の屋根付きイベント会場を建設できた。今後も移住地発展のため、地下資源を有効に活用したい」と、運営資金確保に明るい見通しを示した。
 実は入植時の地層調査でこの泥炭層はすでに見つかっていたが、当時は関心を持つ業者がおらず、半世紀余り放って置かれていた。ここ数年、業者が再調査して地下3、4メートルほどに点在する泥炭に注目が集まるようになっていた。
 元副会長で現在は財務を担当する新田築さんは、「昨年8月に200ヘクタール分の土地に含まれる泥炭地層の権利を売った。購入業者は工場も建設する予定で、今後生産を本格化させるのだろう。専門家ではないので詳しくは分からないが、今は掘り上げて乾燥させているところ。土壌改良や園芸用品などに使用されるようだ」と近況を話した。関係者は「モジなど聖市近郊で十分な量が採れなくなってきたのだろうか」と推測し、思いがけない余得を喜んでいる。
 入植祭は初日午前10時から、モンブカ墓地の「拓魂」碑前で、恒例となるカトリック式の先没者慰霊法要が行なわれた。在サンパウロ日本国総領事館の飯田茂領事部長、JICAブラジル事務所の室澤智史所長、ウィルソン・ガスパリーニ聖州議、グァタパラ市のサミール・レドンド市長、アドリアーナ・サルトリ教育長、日系団体の代表者らが順に焼香し、開拓先亡者を偲んだ。
 文協元役員の林良雄さんは移住地の少子高齢化に、「埋葬者は200人を越えた。最近は特に増えてしまって」と不安を見せたが、「こうして開拓者に思いをはせる日を設けることに意義がある。参列者に感謝です」と話した。
 会館内で行なわれた式典では飯田領事部長が「言語、スポーツなどの文化活動が多くの人材を輩出した。今後も開拓者精神を引き継いで」、室澤所長も「来る度に発展が伺える。JICAも協力を続けたい」と約束した。
 販売ブースでは藤山美智江さん(21、三世)が活気あふれる様子で、「太鼓やヨサコイ仲間と楽しく手伝っています」と声を弾ませ、婦人部の菅原治美さん(54、茨城)も「日本の麹を使った味噌がお勧め。キャラクターのクッキーも人気」と喜んだ。来場者はれんこんや黒にんにく、山くらげといった名産品を手に帰路に着いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ