ホーム | コラム | 樹海 | 自殺したくなったらブラジルへ?!

自殺したくなったらブラジルへ?!

 「こんなにソルチ(運)がある日が来るとは思いもしなかった。生きていて良かった!」。サンパウロ市在住の加藤イツ子さん(86、静岡)は電話口で声を弾ませた。朝は「文協に予約してないけど聞けるだろうか」と不安な気持ちで家を出たが、無事に安倍首相の講演を聞け、最後に記念撮影まであった▼撮影の席では「左に座った人を見たら首相。右に座った人は、後から気付いたけど、あの有名なバナナ王山田勇次さんの奥さん(由美子さん)だった」と感激を振り返る。「首相と握手までした。いつもNHKで観ていたけど本物はもっと若かったわ」▼イツ子さんは撮影を待つ列で由美子さんと話し、「主人は招待されていたけど、私の方は分からなかった。でも入場できて良かったわ」と胸をなでおろしていたとか。イツ子さんは自宅についてから由美子さんの名刺を見てビックリ。「その日の晩はソルチが頭に残って寝付けなかったわ。生きていたら良いことがある」としみじみ▼とはいえ、日系人の中には「政治家の来年は分からないが、皇室は不変」と敢えて首相に関心を示さない人も。それもまた見識だ▼イツ子さんは「日本の若い人はすぐ自殺する。新聞を読んでいるとそんな記事がよく出てきて気が滅入る。生きていれば良いこともあるから簡単に自殺しないでと書いといて」と注文した。その日の本紙1面は発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長自殺の記事だった▼「自殺したくなったらブラジルへ来て移民の話を聞こう!」キャンペーンはどうか。開拓初期の体験談を聞けば、日本の若者も「自分の悩みなんて」と考え直す?(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]