ホーム | コラム | 樹海 | 自殺したくなったらブラジルへ?!

自殺したくなったらブラジルへ?!

 「こんなにソルチ(運)がある日が来るとは思いもしなかった。生きていて良かった!」。サンパウロ市在住の加藤イツ子さん(86、静岡)は電話口で声を弾ませた。朝は「文協に予約してないけど聞けるだろうか」と不安な気持ちで家を出たが、無事に安倍首相の講演を聞け、最後に記念撮影まであった▼撮影の席では「左に座った人を見たら首相。右に座った人は、後から気付いたけど、あの有名なバナナ王山田勇次さんの奥さん(由美子さん)だった」と感激を振り返る。「首相と握手までした。いつもNHKで観ていたけど本物はもっと若かったわ」▼イツ子さんは撮影を待つ列で由美子さんと話し、「主人は招待されていたけど、私の方は分からなかった。でも入場できて良かったわ」と胸をなでおろしていたとか。イツ子さんは自宅についてから由美子さんの名刺を見てビックリ。「その日の晩はソルチが頭に残って寝付けなかったわ。生きていたら良いことがある」としみじみ▼とはいえ、日系人の中には「政治家の来年は分からないが、皇室は不変」と敢えて首相に関心を示さない人も。それもまた見識だ▼イツ子さんは「日本の若い人はすぐ自殺する。新聞を読んでいるとそんな記事がよく出てきて気が滅入る。生きていれば良いこともあるから簡単に自殺しないでと書いといて」と注文した。その日の本紙1面は発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長自殺の記事だった▼「自殺したくなったらブラジルへ来て移民の話を聞こう!」キャンペーンはどうか。開拓初期の体験談を聞けば、日本の若者も「自分の悩みなんて」と考え直す?(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 写真を手に笑顔(後列左が樋口さん)2014年10月1日 ■ひとマチ点描■安倍首相との記念写真を配布中  「首相と写真、これほど記念に残ることはないですよ」とニッコリするのは、本紙カンピーナス代理人の樋口四郎さん(79、福岡)。文協が配布している安倍晋三首相夫妻との記念写真を手に顔をほころばせた。 24日午前に文協事務局を訪れ、その足で編集部へ。「いくらかって尋ね […]
  • オーリャ!2014年8月22日 オーリャ!  8月2日夜のスポーツ交流会で、伯柔道映画「グランデ・ビットリア」のDVDが、原作者マックス・トロンビーニさんから、安倍晋三首相に手渡された。その時のブラジル人の臨機応変な行動に強い印象を受けた。 握手を交わすだけでなく、集合写真の記念撮影が終わった瞬間を狙って渡した。予定 […]
  • 大耳小耳2014年8月21日 大耳小耳  大阪ジュニアバンドがなぜ剣玉を披露したのか。その場での説明がなかったので後で調べると、同市此花区では、その形が剣玉に似ていることから剣玉の普及に力を入れているとか。昨年は242人が一斉に「とめけん」(剣の部分に玉を刺す技)を成功させ、ギネス記録の更新まで。同式典でも同バン […]
  • 2014年8月21日 ■ひとマチ点描■首相サインにニッコリ=中尾契信さん(65、山口)=サンパウロ市  まさかの安倍晋三首相の直筆サインを手に入れた。『岸信介の回想』『安倍晋三と岸信介』の2冊に刻まれた署名をまじまじと見入り、「達筆ですね。同じ長州人として尊重してくれた」と称える。 文協大講堂で今月2日にあった歓迎会後の記念撮影で、隣に立った首相の肩を叩き、「山口出身の者で […]