ホーム | コラム | 樹海 | 自殺したくなったらブラジルへ?!

自殺したくなったらブラジルへ?!

 「こんなにソルチ(運)がある日が来るとは思いもしなかった。生きていて良かった!」。サンパウロ市在住の加藤イツ子さん(86、静岡)は電話口で声を弾ませた。朝は「文協に予約してないけど聞けるだろうか」と不安な気持ちで家を出たが、無事に安倍首相の講演を聞け、最後に記念撮影まであった▼撮影の席では「左に座った人を見たら首相。右に座った人は、後から気付いたけど、あの有名なバナナ王山田勇次さんの奥さん(由美子さん)だった」と感激を振り返る。「首相と握手までした。いつもNHKで観ていたけど本物はもっと若かったわ」▼イツ子さんは撮影を待つ列で由美子さんと話し、「主人は招待されていたけど、私の方は分からなかった。でも入場できて良かったわ」と胸をなでおろしていたとか。イツ子さんは自宅についてから由美子さんの名刺を見てビックリ。「その日の晩はソルチが頭に残って寝付けなかったわ。生きていたら良いことがある」としみじみ▼とはいえ、日系人の中には「政治家の来年は分からないが、皇室は不変」と敢えて首相に関心を示さない人も。それもまた見識だ▼イツ子さんは「日本の若い人はすぐ自殺する。新聞を読んでいるとそんな記事がよく出てきて気が滅入る。生きていれば良いこともあるから簡単に自殺しないでと書いといて」と注文した。その日の本紙1面は発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長自殺の記事だった▼「自殺したくなったらブラジルへ来て移民の話を聞こう!」キャンペーンはどうか。開拓初期の体験談を聞けば、日本の若者も「自分の悩みなんて」と考え直す?(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]