ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日にエドゥアルド・カンポス氏が犠牲になった、サンパウロ州サントスのセスナ機墜落の検証は今も行なわれているが、墜落の瞬間の推測が進んでいる。墜落現場となった民家の間にあった中庭には直径10メートル、深さ3メートルの大きな穴が開いたが、専門家は、この穴から判断するに飛行機は先端部分からかなり鋭角で落ちたと見ている。この状況が起きるのは「ストール」と呼ばれる平衡感覚を失った状態に飛行機が陥ったときで、悪天候時などに起こりうるという。また、仮に飛行機が胴体着陸のような状況で墜落していたとしたら、近隣住民への被害はもっと大きく、乗員7人以外にも死者が出ただろうという。
     ◎
 14日のサンパウロ市は今年1番の冷え込みとなった。最低気温は未明に記録した9度で、日中の最高気温も12・6度までしか上がらなかった。これはサンパウロ州に寒冷前線が入ってきたためで、この影響もあり雨が降るところも見られた。この前線の影響で先週は湿度30%以下と異常乾燥状態だったサンパウロ市の湿度は回復し、14日は90%前後を記録していた。週末の天気はやや持ち直し、晴れ間も出るが、気温は13~22度とやや肌寒い感じだ。
     ◎
 ブラジル・サッカー連盟(CBF)の新しいスポンサーとして米国の自動車大手、ゼネラル・モーターズ(GM)が決まり、15日に発表された。契約期間はまだ正式に発表されていないが、5年くらいになるのではないかと見られている。奇しくもGMの前のスポンサーはフォルクスワーゲン。W杯でセレソンにⅠ―7の惨敗を食らわせたドイツの企業だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月10日 東西南北  サッカーのコパ・アメリカ100周年記念大会で8日、セレソンはマイアミ州でハイチと戦い、7―1と圧勝した。奇しくも14年W杯でセレソンがドイツに大敗したときと同じスコアだが、この日の出場選手にあの試合の先発メンバーはおらず、ダグラス・コスタの欠場でチャンスを掴んだフィリペ・コウ […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • コンフェデ杯、日伯戦で開幕!=「両国応援」日系人多く=友好ムード漂うスタンド=親日ブラジル人も目立つ2013年6月29日 コンフェデ杯、日伯戦で開幕!=「両国応援」日系人多く=友好ムード漂うスタンド=親日ブラジル人も目立つ ニッケイ新聞 2013年6月18日  【ブラジリア=酒井大二郎記者】国際サッカー連盟(FIFA)主催の『FIFAコンフェデレーションズ杯2013』が15日、首都のエスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアで開幕した。開幕カードとなった日本対ブラジルの試合(3対0でブラジルの勝利)に […]
  • 東西南北2013年5月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月22日  ジウマ大統領は20日、ペルナンブーコ州サンロウレンソ・ダ・マタでオープンするコンフェデ杯の会場、アレーナ・ペルナンブーコの落成式に訪れ、大観衆の前で自らゴールにシュートを決める姿を披露した。そのシュートのボールをパスしたのは、同州知事のエド […]
  • 東西南北2016年12月14日 東西南北  来年からのドリア新市制下で保健局長をつとめる予定のウィルソン・ポラーラ氏は12日、「サンパウロ市で待たれている医療の行列は3月までに終わる」と言い切った。13日付アゴラ紙によると、現在、サンパウロ市では順番待ちの医療検査が41万6556件もあり、それを達成するためには市全体で […]