ホーム | 日系社会ニュース | Vカロン=おきなわ祭りに3万人来場=うりずん会が初講演会で活躍
賑わう会場
賑わう会場

Vカロン=おきなわ祭りに3万人来場=うりずん会が初講演会で活躍

 沖縄県人会ビラ・カロン支部(上原テーリオ会長)が主催した県系最大級のイベント『第12回おきなわ祭り』が、6、7の両日午前11時から市営サッカー場(Praca Haroldo Daltro, s/ n, V. Manchester)で開催された。
 両日とも天気に恵まれ、終日、千人以上の出演者が沖縄民謡や舞踊、沖縄太鼓、盆踊り、祭りダンスなど余興を披露し祭りを盛り上げたほか、約100のブースが食品や手芸品等を販売し、訪れた人々を楽しませた。サンパウロ市東部ビラ・カロンの同会館近くの会場には延べ3万人が来場した。
 今年から初の試みとして、留学生・研修生OBで作る「うりずん会」が生け花、うちなー口等のワークショップおよび、三線、エイサー、紅型等、沖縄文化をテーマにした講演会も実施され、多くの人が参加し、留学生の話に耳をかたむけた。
 ステージでは沖縄小林流空手が披露され、総勢100人が登場。フラビオ・ビセンテ・デ・ソウザ支部長(7段)の掛け声に合わせ、一つ一つの技やトンファーを用いた技も披露され、緊迫した演武で会場を大いに盛り上げた。
 ステージ終了後、ソウザさんは「沖縄祭りで披露できてよかった。ありがとうございました」と、宮本ヤン・フィリップくん(6)は「楽しかった」とうれしそうに語り、緊張しながらも堂々と披露できたことに満足げだった。
 最後は冬の夜空に大輪の花火が打ち上げられ、2日に及ぶ〃ウチナーンチュの祭典〃は幕を閉じた。

image_print

こちらの記事もどうぞ