樹海

 2012年、何気なく入った香川県の喫茶店で見た「うるう年は逆打ちで」のポスターに仰天した。八十八カ所のお遍路を反対に廻ることでご利益があると言っているのだが、何も知らなければ呪文にしか思えない。とはいえ、祖母の出身と家人の郷里が四国なので身近な存在だ▼休暇で里帰り中、玄関口で岳父と話していると、普通にお遍路さんが通る。「ちょっと待って…」と、みかんをあげたり自販機でコーヒーを買って渡したりする。その振る舞いがなんとも自然。これこそ日本古来の「おもてなし」、いや「お接待」という▼その魅力に取り付かれたブラジル人がいる。05年に歩きはじめ、今年9月に4度目の結願を果たした ジェラルド・ベルナディノさん(70)と、アリッセ・ヤエコ・ノグチさん(65、二世)。読売新聞が報じた。99年に歩いたサンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)で会った日本人から聞き関心を持った。魅力は「ただ歩いていると、日常を忘れ、自分の心の声が聞こえてくる」▼物の接待より印象深いのは「言葉のお接待」だったとか。豊かな自然のなかで掛けられる「気をつけて」「頑張れ」「お疲れ様」「おはよう」―。「自然も美しいが、何より日本人の心が嬉しい」。二人はブラジルでお遍路の魅力を伝える活動をしたいと話している▼日本人なら言葉からさらに深く読み取る。知人によれば、接待も県民性があり、その背景の歴史にまで思いが至り、「無心になかなかなれない」と笑っていた。四国には豊かな自然と素朴な日本が残る。ブラジル人もだが多くの日系人に知ってもらいたいと願う。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?2019年3月19日 ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?  ボウソナロ大統領誕生の裏の立役者に、「ボウソナロのグル(精神的指導者)」オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ(Olavo de […]
  • 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?2019年3月15日 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?  12日、事件発生1年を直前にしたタイミングで、リオ市会議員マリエーレ・フランコ氏の殺害実行犯が逮捕された。だが、「これで解決」ではなく、むしろ、これからの展開が注目だ▼思えば殺人事件に関して、マリエーレ氏殺害後の伯国内での反応ほど奇妙なものを見たことは、コラム子の人生 […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]
  • カーニバルで踏んだり蹴ったりのボウソナロ2019年3月8日 カーニバルで踏んだり蹴ったりのボウソナロ  伯国におけるカーニバルのデスフィーレ(パレード)は、伝統的に社会風刺の場でもある▼これはカーニバルというものの成り立ち上、どうしてもそうなってしまうものだ。元々、カーニバルは黒人起源の祭り。社会的弱者でもある、彼らの見方が優先されるのは自然な流れだ。また一方、デスフィ […]