樹海

 7日午前、フランスの週刊紙シャルリ・エブドがテロリストに襲われ、風刺漫画家4人を含む12人が殺され、11人が負傷した。犯人達はイスラム教の預言者ムハンマドへの「侮辱への報復」と叫んでいたとされ、7日、8日のメディアはこの事件の報道が大半だ▼風刺漫画は折々の動きを鋭く捉えており、伯国でも人気がある。7日の場合、昨年のW杯の結果にかけ、ドイツの国旗とブラジルの国旗を並べた上で2015と書き込んだ絵もあったとラジオで聞き、笑いながら出勤したら、とんでもない事件が起きたというのが実感だ▼TVのニュースなどでは、路上に倒れ、手を上げて「撃つな」と制した警官に止めをさす場面も流れるなど、無情さが際立つ。文字や写真か漫画かという形や日刊か週刊かという違いこそあれ、新聞という媒体が標的にされただけに、単なるテロというより、「言論の自由」「表現の自由」に対する暴力であり、干渉だとの思いも走る▼昨今のイスラム教世界では、ムハンマドが唱えた「神の道」に基づく理想の国建設のための奮闘や努力を意味する「ジハード」を、異教徒との戦いや防衛戦などのより狭義の外へのジハードに特化し、本来なら「キタール」と呼ばれる、世俗的な欲望や憎悪などに基づく戦争まで聖戦に転化していると思われるグループも目立つ▼本来のジハードはイスラム教世界に益にならねばならないのに、パリでの事件やイスラム国の行動は国際的な反発の方が大きい。当日はイスラム教の聖地でもあるエルサレムの岩のドームにも雪が降った。ムハンマドやアラーの神は一連の動きをどのように見ておられるのかと考えたのはコラム子だけか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ペレーが日系人に寄せる厚い信頼=バウルー二世クラブで育つ=58年W杯初優勝の思い出の写真=日系女性で始まり終わる2016年1月1日 ペレーが日系人に寄せる厚い信頼=バウルー二世クラブで育つ=58年W杯初優勝の思い出の写真=日系女性で始まり終わる  1958年サッカーW杯でブラジル代表は開催国スウェーデンを5対2で退け、初優勝を飾った。歓喜に沸く国内では、凱旋する選手団を招いて祝勝会を各地で開き大騒ぎをした。特に決勝での2ゴールを含む6得点を決めて大活躍のペレー(当時17歳)は人気が高く、彼の周りにはいつも黒山の人だかり […]
  • 大耳小耳2016年9月22日 大耳小耳  サッカーブラジル代表のネイマールが先週、自身の公式ツイッターで話題となっている「金メダルヘア(髪型)」の写真を投稿した。隣にはスペインリーグ・バルセロナの同僚で、同じく金髪のリオネル・メッシ、コメントには「Saiyajin(サイヤ人)」の文字が。漫画ドラゴンボールで、金髪姿に […]
  • コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年2003年12月27日 コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年 12月27日(土) […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]