ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、大西洋上に存在する南大西洋熱帯高気圧(ASAS)の影響で、リオ、ミナス・ジェライス、エスピリトサントの南東伯3州が記録的な高温と旱魃に襲われている。特にリオ州では、連日のように気温が40度に達しても雨が降らないというかなり深刻な事態だ。先週の予報の時点ではサンパウロ州も影響を受けるはずだったが、想像以上に湿気が多いのか、雷と夕立が多い日々が続いている。だが、ASASの影響で、降水量には地域格差が生まれやすくなっている。夏の残り約3カ月弱、ASASがどのような影響を南東伯に及ぼしていくか。水系の状況と共に見守りたい。
     ◎
 サンパウロ市からグアルーリョス空港に向かうタクシーが、通常料金に加え、50%の手数料を徴収しはじめているという。サンパウロ市から市外へのチャージ料金は2008年2月から認められていたものの、グアルーリョス空港行きのものは対象から除外していたのだが、昨年末にフェルナンド・ハダジ市長が前任のジルベルト・カサビ市長による法律を改正し、同空港行きも課金対象となることになった。こうなると、同空港行きの公共交通の拡充を望みたいのだが。
     ◎
 12日発表のサッカーの世界一選手「バロンドール」は、クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)が2年連続受賞となったが、マルタは女子の最優秀選手を逃した。ブラジルからは同時発表のFIFA世界イレブンに、チアゴ・シウヴァとダヴィド・ルイスのセレソンのセンターバック2人が選ばれた。バロンドール投票でネイマールは7位。15年のブラジル勢の活躍に期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年2月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月22日 […]
  • 東西南北2012年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年11月30日付け […]
  • 東西南北2018年6月8日 東西南北  7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とし […]
  • 東西南北2017年7月13日 東西南北  ジョアン・ドリア、サンパウロ市長が、任期末の2020年までにバス専用道路を72キロ拡張する計画を発表した。計画は東部、南部、西部に集中しており、前のハダジ市政で計画されていたが、未だ完成していなかった中央部北部や極南部の専用レーン計画の引継ぎは、新計画には含まれなかった。地元 […]
  • 東西南北2015年6月30日 東西南北  27日のサッカーのコパ・アメリカでの敗戦後、ドゥンガ監督は、22人の選手中15人が風邪にかかっていたことを明かし、それが理由で練習時間の削減を余儀なくされていたと釈明した。特に症状がひどかったのはミッドフィールダーのウィリアンで、ハーフタイムで気分が悪くなり、満足に動けぬ […]