ホーム | コラム | 特別寄稿 | 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能

武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能

 武井誠さんの死亡を知ったのは、死後2年半ばかり後のことであった。「武井誠」と言っても記憶している人は少ないであろう。しかし、ペンネーム「杉武夫」さんと言えば、かなり多くの人が思い出すに違いない。武井さんが生きている時は、その名を想い出すことは稀であった。死亡されたと聞くと、何かにつれ、その名を想い出すのである。武井さんは文学作品を発表される時、必ずペンネームの杉武夫を用いられていた。そこで私も本文ではペンネームの杉武夫を使用させていただく。杉さんとは個人的な交際はないので、あまり書く事はと思ってペンを執ったが、杉さんらしい話を綴っていたら案外スペースを越えてしまった。

先ず略歴を記しておく。

◎武井誠(ペンネーム 杉武夫)
◎明治42年生まれ
◎北海道蛇田郡出身
◎北海道法政大学師範を卒業
◎1932年ブラジルに移住
◎着伯すると間もなく奥地の日本人植民地の日本語学校に就職する

 以下の文は杉武夫さんと二人で会話をした時に所々記憶に半ば留めていたものや、杉さんの知人から聞いたもの、その他新聞の記事に載ったものなどである。
 日本語学校に就職が決まった翌日、朝の時間に校長、日本人会学務委員諸氏と細々しい打ち合わせをする。そしてその日は放免となる。職員室を出るときに、さっき新聞の山を見ていたので小使さんに新聞を少し持って帰り読みたいと借入を申し出る。
 小使さんは愛想良く受けつけてくれた。自分の部屋に戻り、カーマに寝転んで朝方まで読む。こんな奥地に毎日三種類の新聞を配達させている父兄会に頭が下がる。ここの学校の生徒が日本語を読めるようになるまで教えてやらねばならない、という覚悟を新にする。
 暇々に読んでいったら、何時の間にか半年分を読んでいた。新聞はブラジル本位である国際的ニュースも報道されており、文芸欄も二週間に一回は編集されていた。文芸欄は俳壇と歌壇は各自両側の角を占め、沢山の投稿者が上位を狙って競っている様子がうかがえた。植民たちが日曜や祭日書いたと言う小説が時々発表されていた。
 努力は相当であるが、テーマの捉え方に不満を感じるものがあった。中には偽作や盗作と思わせるものもあった。こんな作品を放置していたら、コロニアの小説は腐敗するだろう。このままにしておいてはならない、という義務感を感じたものと考えられる。
 我々は今のうちに悪の根を抜き取らねばならないと結論し、ペンを持って一文一文を模した「植民文学の確立」を執筆したのである。ここで内容を語るスペースを持たないので、結果だけを述べる。この一文に杉武夫の名で署名し、時報社に投稿した。
 受け取った古野菊生は、何気なく封を切り読み始めた。だが驚いてすぐ読むのを止め、杉武夫というのは誰だったかと考えた。しかしそれらしい人物の名は浮かばなかったが、「文芸が長い間待っていたのはこういう文章なんだ」と、そうつぶやいた。
 古野菊生は次号予告として『新人文学評論家現れる!』と題して、杉武夫を賛辞をもって紹介する。そして次号にはその全文を掲載すると発表した。「植民文学の確立」は1934年4月10日、同年10月28日に「植民文学について」を発表する。
 当時文学作品の発表の場が無かったので、古野菊生がテコ入れをしたのは無理もない。当の杉武夫は古野菊生の賛辞に気をよくしたのは当然であった。文芸評論が杉武夫の得意とするところだ。もちろん一種目に限定しない。創作にも手をつけた。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(4)=「九十の手習い」で随筆2015年2月5日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(4)=「九十の手習い」で随筆  それから十年くらい後であった。コロニア詩文会は『コロニア随筆選集(全三巻)』の刊行を決めた。新井勝男君と私の二人の編集担当であった。第一巻は既に刊行し第二巻に取り掛かろうとしたときに、ふと杉武夫さんの事を思い出した。 応募して下さるなら、随筆も文芸の一つであるから、普通通 […]
  • アマンバイでの大歓迎の様子2015年5月28日 「ここを先途と」大歓迎=全パ日系老人クラブ親睦の集い=パラグァイ 坂本邦雄  今年は第6回目に当る全パ日系老人クラブ連合会(山脇生年会長)の親睦交流会が予定通り5月17日(日)にアマンバイ県都ペドロ・フアン・カバリェロ市(以下PJC)の日本人会々館に於いて地元の老人クラブむつみ会(山脇氏会長兼任)と同地日本人会(原本功会長)の共催で盛大に行われた。 […]
  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(3)=飢餓街道を十年以上彷徨う2015年2月4日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(3)=飢餓街道を十年以上彷徨う  コロニア文学会で『コロニア小説選集』全3巻刊行を決定した折のことであった。ある日のこと、武本由夫さんから電話で「近いうちに杉武夫さんが君の所に小説2集の分担金と参加承諾の署名を持って行くから」と通知をされた。 このコロニア小説選集の掲載作品の作者から承諾の署名と各作者より […]
  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(2)=戦後隆盛期に一作品もなし2015年2月3日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(2)=戦後隆盛期に一作品もなし  腕だめしとして、時報社の主催する『植民文芸懸賞短編小説』に応じてみた。結果は佳作に入ったが、その時の選会は佳作を三篇選んだので、各作者は当惑したに違いない。杉武夫には腕だめしになったかどうか、だが杉武夫は続けて毎年応募した。第二回は第三席を獲得する。 第三回は選に漏れたの […]
  • 1993年度練習艦隊連絡士官として「かとり」勤務の坂尾2佐を訪れたエミリオ中尉(サントス港にて海上自衛隊広報班撮影、提供=坂尾さん)2015年1月29日 東京ローズの思い出=甘い声に魅了された中尉=坂尾英矩  去る1月21日、NHKテレビの「歴史秘話」シリーズで「東京ローズの悲劇」が放映されました。東京ローズとは太平洋戦線で米軍兵士がラジオ東京の英語アナウンサー、アイバ・イクコ・トグリ(アイバ・戸栗・郁子)につけたあだ名です。 マッカーサー元帥と共に日本入りした連合国記者団たち […]