ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 21日土曜日の深夜、連邦直轄区およびゴイアス、サンパウロ、南マット・グロッソ、サンタカタリーナなど10州で実施されていたサマータイム(夏時間)が終わる。21日24時に時計の針を1時間戻す(23時に)必要がある。寝る前に時計を直しておくのが現実的だ。翌22日(日)は県人会の定期総会が盛りだくさん。人との待ち合わせや、総会の出席点呼に混乱のないよう、皆さんご注意を。
    ◎
 サンパウロ市カーニバルでアギア・デ・オウロは14日早朝5時にも関わらず気温は20度程度あったと思われ、熱気溢れたパレードとなり、中でも立佞武多の勇壮な姿は目を引いた。その日の日本のニュースを見ると、その立佞武多を送り出した青森県五所川原市一帯では「猛烈な吹雪に見舞われ、道行く車の前が真っ白になり危険な状態に」と注意を呼びかけていた。方や真夏のカーニバルで、もう一方は猛烈な吹雪。地球上でもっとも遠い場所同士のグローバルな絆。8月4~8日に開催される五所川原立佞武多祭りにも、真冬のブラジルから観光客が行くようになればいいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ