ホーム | 日系社会ニュース | 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙
説明会を開いた大原委員長
説明会を開いた大原委員長

文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議員だが、顔ぶれに大きな変化はなく、任期満了の木多会長の後を継ぐ人物は、現体制内から選ばれる可能性が高まった。

 3期6年間務めた木多会長は、「再選は2回まで」と定める定款上もう立候補できず、新会長が今回誕生する。現定款では、理事会選挙は評議員しか投票できない間接選挙制だ。つまり今回立候補した評議員の顔ぶれをみれば、対抗シャッパが組まれるかどうかが判明する。
 8人からなる選挙管理委員会の委員長、大原氏によれば「評議員経験のない新規立候補は10人程度で、顔ぶれに大きな変化はなかった」。
 来月28日の定期総会で評議員選挙が行なわれる。これは会員による直接選挙で、50人の正評議員と25人の補充評議員が決まる。任期は4年。
 立候補の条件には、会員として3年以上在籍し、会員5人又は多大な貢献をした日系一団体の推薦がある者、または理事、監査役、評議員の経験者であることなど。
 投票権を持つのは2200人強の会員で、各人が候補者50人まで投票できる。投票用紙は3月2日に事務局から発送される。郵便投票で事前に済ませる有権者が大半で、前回も当日に投票した者は21人だった(総投票者は529人)。
 総会の1カ月後に最初の評議員会(4月25日)が行なわれる。2013年からの4年間を任期とする50人と、今回の選挙で選ばれた50人を加えた100人で新たに始動する。事業計画や予算の承認が行なわれる他、役員改選もある。
 そこで理事会10人(会長1、副会長7、専務理事1、会計理事1)、評議員会幹部7人(会長1、副会長3、監事3)、監査役会6人(正規3、補充3)が新たに選ばれる。定款により、最初の評議員会の10日前、同月15日が理事会シャッパの提出期限になっている。
 理事会の対立シャッパを考える一派がいる場合は、評議員会内で過半数の賛成票をおさえる必要があった。今回の立候補者を見る限り、顔ぶれに大きな変化はなく、新会長は現行体制の幹部から繰り上がる形で誕生するとの見方が強まっている。

文協評議員の立候補者名簿

ORD. CANDIDATOS PRESIDENTE
1 池田アキヒロ ※以下、団体代表者名は文協発表のまま、立候補当時のもの
2 北川朗久
3 橋詰明夫
4 木多 アレシャンドレ ジュンイチ
5 花城アナクレト
6 林亮アンドレ
7 モジ・ダス・クルーゼス文化体育協会 中山喜代治
8 憩いの園 吉安園子
9 ブラジル栃木県人会 坂本アウグスト進
10 ブラジル高知県人会 片山アルナルド俊一
11 ピラチニンガ文化体育協会 酒井清一
12 サウージ文化体育協会 鈴木清
13 ノーヴァカショエリーニャ文協 国井ジェルソン
14 汎ソロカバナ日伯文化協会 纐纈俊夫
15 国士舘マレットゴルフ協会 福沢明
16 ブラジル静岡県人会 杉本教雄
17 ブラジル生け花協会 エリソン・トンプソン・デ・リマ
18 ブラジル長崎県人会 栗崎邦彦
19 ブラジル沖縄県人会 田場ジョルジ
20 こどものその 頃末龍彦アンドレ
21 坂本アウグスト進
22 水本セルソ・ノリミツ
23 ブラジル広島県人会 大西博巳
24 栗田クラウジオハジメ
25 コチア青年連絡協議会 前田進
26 ニッケイ新聞 高木ラウル
27 桑原功エジソン
28 小田エルザ
29 田中エミリア
30 サンパウロ新聞 鈴木雅夫
31 エリソン・トンプソン・デ・リマ
32 ブラジル日本都道府県人会連合会 本橋幹久
33 ブラジル桜イペー連盟 矢野ペドロ
34 原田フェリシア
35 国井ジェルソン
36 下本八郎
37 高野隼士
38 佐々木弘一
39 渡部一誠
40 池崎美容商会 池崎博文
41 カンピーナス日伯文化協会 花田忠義
42 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟 北川好美
43 イタケーラ日系クラブ 小田セルジオ
44 ブラジル日本青年会議所 川内カミーラ・スツック
45 長堂ジョルジ
46 嶋尾ジョルジ
47 石井賢治
48 原田清
49 マルセロ バティスティーニ モレイロ
50 秀島マルセロ
51 二宮正人
52 宮崎マウリシオ
53 佐藤モリオ
54 原長門
55 高田ネルソン
56 ニッポン・カントリークラブ 佐々木ワルテル
57 松尾治
58 ウエゾノ・ハイムンド
59 高木ラウル
60 吉岡黎明
61 中矢レナット
62 西村リカルド
63 西尾ロベルト
64 木多ロジェリオ正三
65 楠本留巳
66 サクラ中矢食品 中矢レナット健二
67 サンスイ・プラスチック工業 中林としお
68 酒井清一
69 小賀誠二
70 安永シンイチ
71 生長の家 上村恵ジャイロ
72 内山住勝
73 佐藤直
74 多羅間俊彦
75 パウリスタ歌謡連盟 重田エルゾ
76 佐々木ワルテル
77 小林ビクトル
78 ヤクルト 天野一郎
79 大和商事 高木和博
80 平崎靖之
81 網野弥太郎
82 諸川有朋
image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • ブラジル日本文化福祉協会=評議員立候補者名簿――会員に投票呼びかけ2007年3月2日 ブラジル日本文化福祉協会=評議員立候補者名簿――会員に投票呼びかけ 2007年3月2日付け […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]