ホーム | コラム | 樹海 | 「イスラム国」は移民家庭の心の闇に忍び込む

「イスラム国」は移民家庭の心の闇に忍び込む

 過激派組織「イスラム国」(以下IS)がリオ五輪でテロを計画―との報道に接して、「外国人観光客であふれるコルコバードの丘のキリスト像を爆破」「マラカナン蹴球場入り口で銃乱射」「アングラ原発の爆破テロ」などの恐ろしい想像がわいた▼14年9月6日付フォーリャ紙もIS戦士になったブラジル人青年の話を報じていた。リオ出身でベルギーに移住したブラジル人母を持つ21歳青年だ。1万2千人のIS外国籍戦士のうち3千人が欧州出身で、ベルギー出身者が特に多いという。その青年もカトリックとして育てられ、モロッコ人の友人に連れられて最近改宗した。《ISで最も注目されるテロリストの一人》とベルギーメディアは伝えている▼14年12月19日付グローボニュースは、スペイン警察はISに入ろうとしていた18歳ブラジル人とモロッコ人2人を拘束したと発表。その他スペイン育ちの27歳ブラジル人青年がすでにIS戦士になっているとスペイン警察が確認したとも▼移民子孫が受入国からの差別に不満を募らせ、改宗を機にテロで復習する構図のようだ。欧州社会が内包する差別構造にISが寄生しているのか。欧州には91万人のブラジル人が住んでおり、同じ移民階層にはアフリカや中東からのイスラム信者も多く、彼らと身近に接し影響を受けやすい▼今回の報道では《10人以上のブラジル人イスラム教改宗者がSNS(社交サイト)を使ってブラジルに亡命したシリア難民に影響を与えようとしている》とある。当地に亡命した難民が、差別からテロに走ることはありえるのか…。ISは移民家庭の心の闇に忍び込む。問われているのは移民大国ブラジルの「国柄」か。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル五輪委=今年の最優秀五輪種目アスリート、最終候補を発表=女子サッカーのマルタやカヌーのイザキアスら選出2018年11月17日 ブラジル五輪委=今年の最優秀五輪種目アスリート、最終候補を発表=女子サッカーのマルタやカヌーのイザキアスら選出  ブラジル五輪委員会(COB)は14日、2018年最優秀五輪種目アスリートの最終候補を男女3人ずつ発表した。  女性部門はアナ・マルタ・クーニャ(国際表記でオープンウォータースイミング、ポルトガル語表記ではmaratona […]
  • 《ブラジル代表》本番前調整試合ラスト2=3日にリヴァプールでクロアチア戦2018年6月2日 《ブラジル代表》本番前調整試合ラスト2=3日にリヴァプールでクロアチア戦  ロシアワールドカップに出場するブラジル代表は、5月28日からロンドンでトレーニングキャンプを行っている。  ブラジルのワールドカップの初戦は6月17日で、ブラジルはその2週間前の6月3日と、1週間前の6月10日に、親善試合を行う。  正式に代表メンバー23人が決定 […]
  • 東西南北2018年3月27日 東西南北  昨年5月、サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのコンドミニアムに入り込み、自転車泥棒だと疑われ、刺青師から額に「私は泥棒です」の刺青を入れられた18歳の青年が社会的に話題となった。その青年が24日、サンパウロ大都市圏マイリポランで万引きで現行犯逮捕された。スーパーでデ […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • サッカーの移籍市場が終了2017年9月2日 サッカーの移籍市場が終了  欧州サッカー界の夏の移籍市場は8月31日に締切となったが、この締切日に起こった、ブラジルの有力選手の状況を見てみよう。  既にネイマールがバルサからPSGに、パウリーニョが中国の恒州広大からバルサに移籍したことは世界的にも話題となっていた。その他も、フィリペ・コウチ […]