ホーム | コラム | 樹海 | 日系社会から高齢者福祉のプロを

日系社会から高齢者福祉のプロを

 医療法人社団「慈誠会」傘下の前野病院で在宅部門所長をつとめる村尾和俊さんが、28日にサンパウロ市援協で講演を行う(6面詳報)。彼の目的は、優れた日本式介護技術をブラジルに伝える可能性を探ること▼介護技術から食品、福祉機器にいたるまで、村尾さんはあらゆる面でのノウハウ提供を惜しまないという。講演ももちろん無償。そこまで日系社会への支援に身を砕く背景には、複雑な日本の介護業界事情があるようだ▼日本では2000年4月、介護保険法が施行された。政府の狙いは、要介護者が所得に関わらず介護サービスを受けられるよう、社会全体で支えること。しかし、利用者の負担がわずか1割で手軽に利用する高齢者が増える一方、行政によるサービス価格は一定のため、雇用者がスキルアップしても収益は増えないという矛盾が生じた。その結果、事業主体は人件費の安い人材を雇用するようになった▼介護の質が年々低下する現状を憂えた村尾さんは、「優れた商材サービス」と自負する日本式介護技術を海外に伝え残すことを決意。日系社会があり、情報インフラも整うサンパウロ市を「確実に技術を残せる希望の土地」と考え、「かつて新天地を求め、この地に来た一世の方々と同じ心境」でやってくるとか▼当地では、人手不足の日本介護業界に日系人をと、日系団体による介護講習が始まっている。今回の来伯は、それに連動する絶好の働きかけだ。超高齢化社会日本の技術を後ろ盾に、社交的でサービス精神旺盛な日系社会から福祉のプロを量産すれば、当地の高齢者に恩恵があるばかりか、訪日する若者に雇用与えることにもなる。「福祉の専門家たれ」はコロニアへの天啓かも。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大統領選の放送時間争い大詰めに=現状で最長はアウキミンだが=セントロンの動きが決め手に2018年7月20日 《ブラジル》大統領選の放送時間争い大詰めに=現状で最長はアウキミンだが=セントロンの動きが決め手に  大統領選挙の放送キャンペーン開始を約1カ月後に控え、放送時間の決め手となる政党の持ち時間を確保したい候補たちによる、独自の候補者を出さない政党の取り込みが注目されはじめている。19日付現地紙が報じている。  現状、逮捕中のルーラ氏を除いた大統領選世調査の1位はジャイ […]
  • 大耳小耳2009年5月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年5月8日付け […]
  • 『ジャカレイ移民祭』3日から=8カ国のコロニアが参加2012年8月1日 『ジャカレイ移民祭』3日から=8カ国のコロニアが参加 ニッケイ新聞 2012年8月1日付け  ジャカレイ日伯文化体育協会(アルベルト・ウエダ会長)が『第5回ジャカレイ移民祭』を3〜5日、同文協(Av. Lucas Nogueira Garcez, 1940, Jd. […]
  • 車の数が1年で8%増加=サンパウロ市では2人に1人が車所有2013年8月31日 車の数が1年で8%増加=サンパウロ市では2人に1人が車所有 ニッケイ新聞 2013年8月6日  国民が利用する自家用車や商用軽車両の数は2011年から12年に8%増え、通勤などにバイクも含む乗り物を使う人は成人の半数と4日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 東西南北2007年5月12日 東西南北 2007年5月12日付け  女性議員に「あなたのようなブスでは売春婦になっても、男たちが寝てくれない」と侮辱したクロードヴィル下議は、ギア都市計画相を訪ねた。 ク「閣下のために、特製スーツをデザインして差し上げましょうか」 […]