ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市中央部では昨年から、クラコランジアの麻薬常習者を対象にした労働プログラム「ブラッソス・アベルトス」が実施されているが、それがひとつの余波をもたらしている。それは、常習者たちを収容するホテルの設置に対する反対運動が起きていることだ。同地区のアラメーダ・バロン・デ・リメイラには、既に同目的のホテルが存在するが、市がさらに同地に収容先のホテルを増やそうとしていることに住民たちが強い懸念を示している。彼らは地域の安全が乱されることを恐れて市に計画の撤回を求めており、聞き入られない場合は裁判所に訴える構えでいるとか。市の今後の判断やいかに。
     ◎
 元サンパウロ州連邦地裁判事のロシャ・マトス被告が13日、サンパウロ州連邦地裁から、マネー・ロンダリングの罪で17年5カ月の実刑判決を受けた。同判事は2003年に連邦警察の「アナコンダ作戦」の主犯者として逮捕され、裁判判決の売買を指揮していたとされ、12年の実刑判決を受けた。2011年からはセミ・アベルトとなっていたが、今回は不正な金銭の授受とスイスの口座での資金洗浄の疑いで有罪判決を受けた。同氏は上告の構えを見せている。
     ◎
 きょう15日、サッカーのリベルタドーレス杯で、サンパウロは敵地ウルグアイでダヌービオと対戦する。現在はサンロレンソとグループ・リーグB組突破を争っており、残り2試合での負けが許されない緊迫した状況となっている。まだ、ムリシー監督の後任問題で揺れている同チームだが、決勝トーナメント進出を果たして新監督を迎えたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年2月8日 東西南北  6日にコロンビアで行われた、サッカーの南米五輪予選の4チームでの決勝リーグ、対ウルグアイ戦でブラジル代表が1―1と引き分けたために、事態がかなり微妙なことになっている。9日に最終戦が行われるが、ブラジリア時間の20時に行われるコロンビア対ウルグアイ戦が引き分けに終わると、ブラ […]
  • 東西南北2020年2月5日 東西南北  最高裁や連邦議会などが活動を再開したが、子供たちにとってもそれは同様で、サンパウロ市の市立校は今日5日から新学期がはじまる。だが、4日付アゴラ紙によると、市教育局は清掃などを行う業者の入札を終えておらず、落札企業が決まるまでは清掃なども自腹で行わねばならない。市役所が年末に送 […]
  • 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進2020年1月24日 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進  コロンビアで開催されている東京五輪男子サッカーの南米地区予選で22日、U23ブラジル代表がウルグアイに3―1で圧勝し、決勝リーグ進出へ大きく前進した。  ウルグアイは序盤、エース、ディエゴ・ロッシ(ロサンゼルスFC)が攻め込み、シュートを狙うシーンを見せたが、前半1 […]
  • 東西南北2020年1月22日 東西南北  昨日付本面で報じた、昨年行われた国家高等教育試験(ENEM)で採点ミスが発生した件に関連し、教育省は20日、公立大学の統一選抜システム(SISU)への申し込み期間を、従来決めていた21日~24日ではなく、2日間延ばして26日までとすると発表した。連邦政府は当初、ミス発生後もS […]