ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市中央部では昨年から、クラコランジアの麻薬常習者を対象にした労働プログラム「ブラッソス・アベルトス」が実施されているが、それがひとつの余波をもたらしている。それは、常習者たちを収容するホテルの設置に対する反対運動が起きていることだ。同地区のアラメーダ・バロン・デ・リメイラには、既に同目的のホテルが存在するが、市がさらに同地に収容先のホテルを増やそうとしていることに住民たちが強い懸念を示している。彼らは地域の安全が乱されることを恐れて市に計画の撤回を求めており、聞き入られない場合は裁判所に訴える構えでいるとか。市の今後の判断やいかに。
     ◎
 元サンパウロ州連邦地裁判事のロシャ・マトス被告が13日、サンパウロ州連邦地裁から、マネー・ロンダリングの罪で17年5カ月の実刑判決を受けた。同判事は2003年に連邦警察の「アナコンダ作戦」の主犯者として逮捕され、裁判判決の売買を指揮していたとされ、12年の実刑判決を受けた。2011年からはセミ・アベルトとなっていたが、今回は不正な金銭の授受とスイスの口座での資金洗浄の疑いで有罪判決を受けた。同氏は上告の構えを見せている。
     ◎
 きょう15日、サッカーのリベルタドーレス杯で、サンパウロは敵地ウルグアイでダヌービオと対戦する。現在はサンロレンソとグループ・リーグB組突破を争っており、残り2試合での負けが許されない緊迫した状況となっている。まだ、ムリシー監督の後任問題で揺れている同チームだが、決勝トーナメント進出を果たして新監督を迎えたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 東西南北2021年5月21日 東西南北  19日、サンパウロ市では地下鉄のストが4線にわたって起こったが、組合側は同日夜の総会で、20日以降のストを取りやめた。組合側によると、地下鉄公社とは合意に至っていないが、労働地域裁(TRT)の仲裁案受け入れが承認されたという。TRTは給与と手当の7・79%調整と来年3月のボー […]
  • 東西南北2021年5月1日 東西南北  4月29日のサッカーのリベルタドーレス杯。サンパウロは本拠地モルンビでのレンティスタス(ウルグアイ)戦を2―0で勝利した。これでグループリーグ2連勝を飾った。調子が上向きなまま、明日2日はサンパウロ州選手権でのクラシコ(伝統カード)、対コリンチャンス戦を敵地のイタケロンで戦う […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]