ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 26日午前、サンパウロ市セントロのショッピングセンター(SC)で人質騒ぎが起こった。SC内の店に勤める妻とその同僚の仲を疑った夫が、ナイフを持って犯行に及んだのだ。妻ともう一人の店員を人質にとり、「ここでは家内を働かせない! 早く店長に電話しろ! 店中めちゃくちゃにしてやる!」と叫んだ夫は、数時間後に警察に投降した。動機の稚拙さもさることながら、あっさり釈放されてしまったことにも呆れる。
     ◎
 W杯が行われる今年、ブラジルサッカーは超過密日程だ。W杯は6月14日から7月15日まで行われるが、全国選手権1部の試合はW杯開幕の前日の6月13日まで行われるし、W杯決勝の翌日の7月16日に再開する。世界の代表チームは5月20日前後には集合義務が発生するので、ブラジルチーム所属選手は、もしW杯メンバーに入ると、全国選手権の試合を6試合も欠場しなくてはならない。各チームに求められるのは、より質の高い選手を集めるよりも、W杯に呼ばれるほどではない、〃そこそこ〃の選手を集めること?
     ◎
 4月4日に、サンパウロ市西部を走る幹線道路マルジナル・ピニェイロスとその脇にあるサンパウロ総合大学のボート練習場の間にガラスの壁が設置されたが、18日以降、既に3回、計8枚が壊れてしまった。もともとあったコンクリートの壁が劣化したのを受け、ガラスの壁にする事で景観を良くすることを狙ったのだが、不届き者の破壊行為だけでなく、トラックの衝撃で小石などがチップしてぶつかって割れた可能性も指摘されている。コンクリート壁に戻した方がよいのでは?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]