ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリョス市では「ワクチン不足」のため、一時的に接種を中止している。フェラス・デ・ヴァスコンセロス市に至っては、「75〜79歳」への接種を行おうとしていたところ、ワクチン不足になって止まったという。多くの高齢者たちが一刻も早くワクチン接種を受けたいと思っていることを示しているが、保健省の計画不足のせいで、供給が需要に追いつかなくなっている。
     ◎
 16日午後、サンパウロ市東部イグアテミで、12歳の少年が自宅の2階で見つけた銃を誤って発射させ、弟の遊び仲間で9歳の子の顔にケガをさせてしまった。弾は左耳のそばで止まり、男児は入院中だ。母親と共に警察に行った少年の供述によると、2階は借家契約の対象外だが、洗濯場に抜ける扉の鍵を見つけ、弟や友達と上ったところ、38口径と12口径の銃が見つかり、38口径の方を手に取ったら誤射が起きたという。銃は二つとも未登録で、所有者は出頭していない。大統領令で銃規制の緩和が行われた矢先のアクシデント。想定すべきことは少なくない。
     ◎
 17日のサッカーの全国選手権。サントスはヴィラ・ベルミロでのコリンチャンス戦を1―0で勝利。ともにリベルタドーレス杯進出がかかる中での試合に勝利したことで、サントスは勝ち点53で8位に浮上。残り2試合で9位アトレチコ・パラナエンセに3点差をつけた。サントスが次戦のフルミネンセ戦に勝てば、リ杯に大きく前進する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開されるとはいえ、「オレンジ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]