ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリョス市では「ワクチン不足」のため、一時的に接種を中止している。フェラス・デ・ヴァスコンセロス市に至っては、「75〜79歳」への接種を行おうとしていたところ、ワクチン不足になって止まったという。多くの高齢者たちが一刻も早くワクチン接種を受けたいと思っていることを示しているが、保健省の計画不足のせいで、供給が需要に追いつかなくなっている。
     ◎
 16日午後、サンパウロ市東部イグアテミで、12歳の少年が自宅の2階で見つけた銃を誤って発射させ、弟の遊び仲間で9歳の子の顔にケガをさせてしまった。弾は左耳のそばで止まり、男児は入院中だ。母親と共に警察に行った少年の供述によると、2階は借家契約の対象外だが、洗濯場に抜ける扉の鍵を見つけ、弟や友達と上ったところ、38口径と12口径の銃が見つかり、38口径の方を手に取ったら誤射が起きたという。銃は二つとも未登録で、所有者は出頭していない。大統領令で銃規制の緩和が行われた矢先のアクシデント。想定すべきことは少なくない。
     ◎
 17日のサッカーの全国選手権。サントスはヴィラ・ベルミロでのコリンチャンス戦を1―0で勝利。ともにリベルタドーレス杯進出がかかる中での試合に勝利したことで、サントスは勝ち点53で8位に浮上。残り2試合で9位アトレチコ・パラナエンセに3点差をつけた。サントスが次戦のフルミネンセ戦に勝てば、リ杯に大きく前進する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]