ホーム | コラム | 樹海 | 6キロの麻薬で支払ったもの

6キロの麻薬で支払ったもの

 インドネシアで29日未明(伯国では28日午後)に銃殺刑となったロドリゴ・グアルテさん(42)の遺体が3日午後、パラナ州クリチバの墓地に埋葬された。6キロのコカインを持ち込もうとしたとして05年に死刑判決を受けたが、統合失調症を理由に処刑延期を図った遺族の努力も水泡に帰した▼グアルテさんと最後の時を過ごした神父は、本人は処刑前日になっても霊の声を聞いており、自分が処刑される事を理解するどころか、自分は伯国に戻ると言い続けていたという。同日も1時間半かけて説明した神父は、本人も処刑される事を理解したと思っていたが、独房から引き出され、鎖をかけられた時、「自分は処刑されるのか」と聞いてきたという▼本人は一言「それは間違っている」と呟いて連行され、柱にくくりつけられた時も再び、「これは間違っている。自分は小さなミスを犯しただけだ。そのせいで死ぬはずはない」と言ったという▼統合失調症故に霊の声を聞き、「処刑はされない。1年で伯国に戻る」と言い続けていたグアルテさんが死の直前、「間違っている」と悲しげに言ったという事実は、病気や責任能力、人の命で償わなければならない程の罪とはといった疑問を投げかける▼麻薬による被害者を出さないよう、麻薬取引を厳重に取り締まるとの主張や、罪の責任をとらねばならないという論理も解る。だが、同じ日に処刑されるはずだったフィリピン人女性が「12歳と6歳の子供にはもう会えないし、子供達も2度と自分を見る事はない」と号泣するのを見た人全てが、その光景に納得できずにいた事を同国関係者はどう受け止めているのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]