ホーム | コラム | 樹海 | 6キロの麻薬で支払ったもの

6キロの麻薬で支払ったもの

 インドネシアで29日未明(ブラジルでは28日午後)に銃殺刑となったロドリゴ・グアルテさん(42)の遺体が3日午後、パラナ州クリチバの墓地に埋葬された。6キロのコカインを持ち込もうとしたとして05年に死刑判決を受けたが、統合失調症を理由に処刑延期を図った遺族の努力も水泡に帰した▼グアルテさんと最後の時を過ごした神父は、本人は処刑前日になっても霊の声を聞いており、自分が処刑される事を理解するどころか、自分はブラジルに戻ると言い続けていたという。同日も1時間半かけて説明した神父は、本人も処刑される事を理解したと思っていたが、独房から引き出され、鎖をかけられた時、「自分は処刑されるのか」と聞いてきたという▼本人は一言「それは間違っている」と呟いて連行され、柱にくくりつけられた時も再び、「これは間違っている。自分は小さなミスを犯しただけだ。そのせいで死ぬはずはない」と言ったという▼統合失調症故に霊の声を聞き、「処刑はされない。1年でブラジルに戻る」と言い続けていたグアルテさんが死の直前、「間違っている」と悲しげに言ったという事実は、病気や責任能力、人の命で償わなければならない程の罪とはといった疑問を投げかける▼麻薬による被害者を出さないよう、麻薬取引を厳重に取り締まるとの主張や、罪の責任をとらねばならないという論理も解る。だが、同じ日に処刑されるはずだったフィリピン人女性が「12歳と6歳の子供にはもう会えないし、子供達も2度と自分を見る事はない」と号泣するのを見た人全てが、その光景に納得できずにいた事を同国関係者はどう受け止めているのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?2020年3月27日 ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?  「州知事たちが出した外出自粛措置(クアレンテーナ)を、大統領がひとりでのたうちまわるような形で阻止しようとしている」。新型コロナウイルス(以下コロナ)が猛威を振るいはじめたという大変な時期に、ブラジルでは州知事と大統領が対立するという異様な事態が起きている。  もと […]
  • 現実を見ないリーダーの怖さ2020年3月26日 現実を見ないリーダーの怖さ  24日、ボウソナロ大統領が再び、知事や市長達が採用した新型コロナ対策を批判、国内外から非難の声が上がった。 […]
  • 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも2020年3月24日 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも  「今のイタリアは、3週間後のサンパウロかもしれない」――まるで世紀末に向かって黙示録のページを一枚、一枚めくるように、ブラジルのコロナ危機は毎日悪化の途を歩んでいる。冒頭に掲げた予測はあまりに悲しいが、現実にならないようにするには、今現在、相当の決断が必要だ。  ど […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]