ホーム | コラム | 樹海 | 6キロの麻薬で支払ったもの

6キロの麻薬で支払ったもの

 インドネシアで29日未明(伯国では28日午後)に銃殺刑となったロドリゴ・グアルテさん(42)の遺体が3日午後、パラナ州クリチバの墓地に埋葬された。6キロのコカインを持ち込もうとしたとして05年に死刑判決を受けたが、統合失調症を理由に処刑延期を図った遺族の努力も水泡に帰した▼グアルテさんと最後の時を過ごした神父は、本人は処刑前日になっても霊の声を聞いており、自分が処刑される事を理解するどころか、自分は伯国に戻ると言い続けていたという。同日も1時間半かけて説明した神父は、本人も処刑される事を理解したと思っていたが、独房から引き出され、鎖をかけられた時、「自分は処刑されるのか」と聞いてきたという▼本人は一言「それは間違っている」と呟いて連行され、柱にくくりつけられた時も再び、「これは間違っている。自分は小さなミスを犯しただけだ。そのせいで死ぬはずはない」と言ったという▼統合失調症故に霊の声を聞き、「処刑はされない。1年で伯国に戻る」と言い続けていたグアルテさんが死の直前、「間違っている」と悲しげに言ったという事実は、病気や責任能力、人の命で償わなければならない程の罪とはといった疑問を投げかける▼麻薬による被害者を出さないよう、麻薬取引を厳重に取り締まるとの主張や、罪の責任をとらねばならないという論理も解る。だが、同じ日に処刑されるはずだったフィリピン人女性が「12歳と6歳の子供にはもう会えないし、子供達も2度と自分を見る事はない」と号泣するのを見た人全てが、その光景に納得できずにいた事を同国関係者はどう受け止めているのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 言葉を発する前のためらいや熟慮は?2018年11月8日 言葉を発する前のためらいや熟慮は?  NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?2018年11月2日 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?  10月28日にジャイール・ボウソナロ氏が伯国大統領に当選したことに関し、国外と伯国内での温度差のあまりの違いを感じざるを得ない状況となっている▼欧米のメディアは同氏が行って来た女性やLGBT、黒人への差別や銃自由化、政敵への過剰な攻撃ぶりを報道し「民主主義の危機」を報 […]