ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ご長寿が多い日系社会では、自然と健康に関する話題が注目を集める。今回のモリンガはその最たる例で、編集部でも取り扱いを始めた結果、毎日のように問い合わせが寄せられている。日本では、2月ごろにNHKで特集されたのをきっかけにしてか、お茶として飲む健康法はもちろん、粉末を生地に混ぜ込んだ饅頭まで登場するなど、各方面で関心が高まっているようだ。コロニアでもそろそろブームの兆し。若者顔負けの元気な高齢者が、今よりもっと増えるかも?
     ◎
 2月のサンパウロ市サンバカーニバルに登場した青森県五所川原市の立佞武多だが、同市内の観光施設「立佞武多の館」で、その時の写真展を開催しているようだ。31日までというが、終了後は当地でも行なってみては? 7月の県連日本祭りでは高額経費により、立佞武多の実物を展示できないが、代替案として写真展開催もアリ?
     ◎
 在日日系四世が、日本情報を発信する自身の動画チャンネル「YabaiTu be」で、「日伯外交樹立120年を機に四世にもビザを!」と訴え、ちょっとした反響を呼んでいる。「日本に行きたいがビザの状況は」との問い合わせが同サイトに多いことから、「何かの助けになれば」と動画制作を決めたとか。派遣業者も再々こぼしているように、彼も「日本は求職者不足で、日本行きを希望する四世は山ほどいる」と力説。四世にビザ解禁となれば両者ハッピーのはずなのだが、日本政府の腰は重い…。120周年と秋篠宮ご夫妻のご訪問を契機に、何とか実現できないものか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月4日 □コロナ禍緊急日誌□  2日午後、ある県人会事務局から編集部に電話があり、「県庁に送った荷物が中々届かない。一体どうなっているのか」という問い合わせがあった。郵便局関係者に聞くと、現在、ブラジルに限らずどこの国でも航空貨物や郵便物を防疫・検疫するために消毒作業をするようになり、通常より時間がかかって […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]
  • 大耳小耳2020年3月19日 大耳小耳  東京大学保健センターサイトによれば、新型肺炎の症状は以下の通り。 《★風邪の症状や37・5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ★強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2 […]