ホーム | 日系社会ニュース | 日本進出企業=全伯の総数は600か750か=今年の訪問件数は3割減=「むしろ今がチャンス」

日本進出企業=全伯の総数は600か750か=今年の訪問件数は3割減=「むしろ今がチャンス」

 日本企業による当地進出は積極的のようだ。青島孝雄さん(80、東京)の独自調査により判明したもので、今年だけでもすでに47社が進出しており、「ブラジル全土の日本企業は合計約750社にも上る」と話している。ブラジル日本商工会議所の平田藤義事務局長によれば「600社ぐらいはありえる。昨年から訪問件数が明らかに落ちており、今年は3割減といっても言いぐらい」と昨年来の不況が影響しているとのべた。

 同会議所の会員は約370社で、そのうち進出企業は233社。平田事務局長は「その2倍以上、600ぐらいはあってもおかしくない。増え続けたのは、2008年にリーマンショックでブラジルが落ち込まなかったので、風向きがアジアからこちらに変わって、ブラジルが追い風を受けたから。でも昨年から風向きが変わった。今はメキシコが追い風のようですね」と見ている。
 一方、青島氏は「全伯で約750社の日本企業が存在する。支社を含めれば約千社」としている。同調査によればサンパウロ市内だけでも404の本社・支社があり、内訳はパウリスタ大通り界隈が178、セントロ29、南部133、西部44、東部15、北部5と見ている。
 最近の傾向は、サンパウロ市郊外(ABCD地区やサントス)に増える傾向があり、195社にも上る。うちカンピーナス方面だけで半数以上の108社を占める。「ジュンジアイー、バルエリ、インダイアツーバも含めた地域だがかなりの企業数になる。例えばホンダの子会社などが新たに進出している」と説明した。
 サンパウロ州外ではリオ108(うちリオ市中心街35)、ミナス44、パラナ40、南大河32と続く。その他の州は10社前後。北部に目を移すとアマゾナス州都マナウス市内だけで37社。また第一工業団地には35社、第二には5社存在し合計77社という。「税制が優遇されており、魅力を感じる企業も多い」と話した。
 青島氏によれば今年に入って47社が進出済み。「日本から取り寄せた海外進出企業総覧(東洋経済社)と照らし合わせたら、調査と別に新規で30社ほど見つかった」という。「七大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、豊田通商、双日)と電通関連企業の買収・投資だけで10社もある」と明かした。
 平田事務局長は、今年進出した企業は2、3年前に進出を決め、それを実行したからでは―と見ている。「買収に関しては11年がピーク。ブラジルでは一から作るより、ノレン(会社やブランド)を買った方が早いという傾向が強まった」と見ている。
 最後に「ペトロブラス汚職疑惑など難しい局面に入っているが、その影響で株価が下がった分、戦略的に考えれば『むしろ今が買収のチャンス』とも考えられる。そんな思考を持った企業に増えてほしい」と期待している。


【コラム大耳小耳】

 進出企業の独自調査を続ける青島孝雄さんは1960年に移住し、東京銀行で外貨為替を担当。約20年間勤務した中で、最後の数年は会頭秘書などの責務についたとか。当時の交友関係から、企業の進出・撤退の話題が常日頃から身近にあるという。かつては『実業のブラジル』誌があったが、今はその種の企業系雑誌がない。実際の進出数を知ることは難しいが、青島さんの情報は〃足で稼いだ〃ものだけに貴重といえそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 石油だけでも こんなにある=天の恵み溢れる ブラジル=サンパウロ市在住 駒形秀雄2017年10月6日 石油だけでも こんなにある=天の恵み溢れる ブラジル=サンパウロ市在住 駒形秀雄  街角で我々仲間が集って話しをすると、どうもブラジルの評判がよくありません。  「新聞の三面(社会面)を見ると毎日泥棒や人殺しの話しばかり。それではと一面(政治、経済面)を開いてみると、次から次へと汚職の話しだ。  上は大統領から下はファベラードまで、議会から裁判所 […]
  • 東西南北2017年7月28日 東西南北  本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与 […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]
  • 汚職防止法改正案=検察庁が猛烈な抗議=デラソン企業の無罪化など=ジウマのMPの内容に酷似=政府は来週投票を望むも2016年11月11日 汚職防止法改正案=検察庁が猛烈な抗議=デラソン企業の無罪化など=ジウマのMPの内容に酷似=政府は来週投票を望むも  連邦検察庁は9日、「汚職防止法」の中の企業を対象とする「報奨付供述(デラソン・プレミアーダ、司法取引)」に関し、デラソンに応じた企業やその関係者には見返りとして捜査を打ち切りにするなどの内容を含む改正案が下院で出回ったことを知り、緊急の記者会見を開き、「これまでの捜査を台 […]
  • 下院政府リーダー=モウラ氏は疑惑の宝庫=汚職や殺人教唆の容疑も=同氏指名にクーニャの影?=225下議の影響力は強大2016年5月20日 下院政府リーダー=モウラ氏は疑惑の宝庫=汚職や殺人教唆の容疑も=同氏指名にクーニャの影?=225下議の影響力は強大  ミシェル・テーメル大統領代行(民主運動党・PMDB)が18日、下院政府リーダーにアンドレ・モウラ下議(キリスト社会党・PSC)を指名したが、同下議は公金横領の疑いで、最高裁での刑事訴訟3件の被告となっている。その他に、殺人未遂やペトロブラス(PB)社関連の汚職関与など少なくと […]