ホーム | コラム | 樹海 | 世界を股にかけたイタリア系ウチナーンチュ?

世界を股にかけたイタリア系ウチナーンチュ?

左がイタリア系ウチナーンチュの正雄さん(『群星(むりぶし)』39ページ)

左がイタリア系ウチナーンチュの正雄さん(『群星(むりぶし)』39ページ)

 沖縄県人移民研究塾同人誌『群星(むりぶし)』創刊号を読んでいて、中身の濃さに舌を巻いた。中でも、笠戸丸移民でカンポ・グランデ沖縄県人会の初代会長・知念亀の足跡には驚かされた。イタリア系ウチナーンチュの話だ。『写真で見る沖縄県人移民の歴史』別冊を読んだ知念宏吉さんから消息を伝える連絡が入り、宮城あきら塾長が執筆した▼知念亀は沖縄の親から「兄危篤、すぐ帰れ」というウソの電報を受け取り、帰沖していた。最初の妻(ブラジル人)との間に子供がおらず、イタリア系移民の子供を養子に引き取り、「正雄」と名付けて育てていた。帰国する際に妻は残したが、6歳の子供は連れて行った▼沖縄の家族は亀の帰国に大喜びで、村人も正雄のことを珍しがり「ヒージャーミー正雄」(ヤギのような目をした正雄)と呼んで親しく受け入れた。寛容な沖縄県人の文化性を感じさせる逸話だ▼太平洋戦争に巻き込まれ《正雄は、戦時中のアメリカ軍の捕虜となった頃に、外国人の相貌をしていることから注目され、ある軍医に引き取られた。その軍医は、17歳に成長していた正雄に英語を教えて米軍施設内で働かせた》という。「なぜブラジル生まれのイタリア人が沖縄に?」と米軍も驚いたことだろう。しかも《2014年現在、86歳の高齢ながら健在である》▼大西洋を渡ったイタリア移民がブラジルで子供を作り、日本移民に引き取られて今度は太平洋を越えて沖縄に連れていかれた。それだけでも十分に凄いが、イタリア二世はウチナーグチで生活をし、戦争で米軍捕虜となり、英語を教えられて基地作業員に。世界を股にかけた摩訶不思議な移民人生だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]