ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8月31日、サンパウロ州地裁は、州検察局が訴えていたサンパウロ市の自転車道建設差し止めを却下した。上告は認められず、この件に関してはフェルナンド・ハダジ市長が勝訴したことになる。今やサンパウロ市の主要事業となりつつある自転車道だが、サンパウロ州検察のカミラ・マンソウル・マガリャンエス・ダ・シウヴァ検察官は今年1月、「道路の調査が不十分」であることを理由に自転車道の建設差し止めを求めた。以来、裁判所の判断が二転三転していたが、以前から市側を支持していたジョゼ・レナト・ナリニ地裁長官が「調査が不十分なことは建設差し止めの理由にはならない」との判断し、差し止め中止となった。市長としては一安心か。
     ◎
 1日午前、サンパウロ市地下鉄のセー駅で、17歳の少年が急死する事件が起きた。この少年は友人らと共にアニャンガバウ駅で自動改札機を潜り抜け、無賃乗車しようとしたが警備員に捕まり、改札機を通りなおした後に電車に乗った。警備員数人が同じ電車に乗りこみ、少年たちと共にセーで降りたが、防犯カメラの死角で口論となった。少年たちは「警備員が胸を殴り首を絞めた」と証言したが、警備員たちは「腕を握った途端に少年がぐったりした」と語った。
     ◎
 昨年コリンチャンスを解任されたマノ・メネゼス前監督が、クルゼイロの監督に就任することになった。2012年まではセレソンの監督だったマノ氏も、フラメンゴ、コリンチャンスと短期のみの指揮で終わる日々を送っていたが今回はどうか。クルゼイロは現パルメイラス監督のオリヴェイラ氏解雇以来、不調続きだが挽回なるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボウソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]