ホーム | イベント情報 | 5団体の屋台祭り、13日=日本食並ぶ、全11種類

5団体の屋台祭り、13日=日本食並ぶ、全11種類

参加を呼びかける大分・伊東信比古、滋賀・山田康夫、愛知・豊田瑠美、長野・杉本みどり、笠戸丸・吉加江正健各氏

参加を呼びかける大分・伊東信比古、滋賀・山田康夫、愛知・豊田瑠美、長野・杉本みどり、笠戸丸・吉加江正健各氏

 『第19回屋台祭り』が13日午前11時からサンパウロ市の愛知県人会館(Rua Santa Luzia, 74, Liberdade)で愛知、滋賀、大分、長野の4県人会に加え、初参加の笠戸丸協会の5団体共催で行われる。午後3時まで。
 手作りの日本食11種類が13~20レ程で提供される。メニューは味噌串かつ、抹茶アイス、抹茶シュークリーム(愛知)、トリ飯、トリ天、牛たたき(大分)、近江肉うどん(滋賀)、椎茸ごはん、ケーキ、どら焼き(長野)、焼きニシン(笠戸丸)。
 ほかビンゴ、カラオケ、「ミニマイケル・ジャクソン」こと村上リュウくんのショーがあり、幼児向け遊具コーナーも設置される。
 案内に来社した各氏は「日本祭りで食べ損ねた方はぜひ」と呼びかけた。
 問い合わせ先は愛知県人会(11・3104・8392)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ