ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8月18日に78歳の男性が自転車で轢かれて死亡し、安全基準などが問題視されていたサンパウロ市セントロのコスタ・エ・シウヴァ高架橋(ミニョコン)下の自転車道に市が改良を加え、6日から新基準での自転車道となった。改良により、中央のカンテイロの部分が拡大され、発光ダイオード(LED)の電球がついた。利用者の反応は上々で、「前はミニョコンを歩きたくなくて向かいの通りを選んで歩いていたけど、これなら歩きやすく安全だ」「路上生活者の姿がなくなって安心」と安堵の声が相次いだ。ただ、自転車が歩行者とぶつかる可能性は依然として残されており、対応が求められる。
     ◎
 7日の独立記念日はサンパウロ州では降ったりやんだりの長い雨が降った結果、主要水系ではどこも軒並み20ミリ近い降雨を記録。カンタレイラの水位は変わらなかったが下がりもせず。同じく危機にあるアウト・チエテは0・1%ポイント上がって13・1%となり、グアラピランガも0・7%P上昇など、6水系中4水系は水位の上昇を記録した。この雨は8日も継続。天気はまだ数日ぐずつくようなので、このタイミングでしっかり降ってほしいところだ。
     ◎
 6日のサッカー全国選手権では、パルメイラス対コリンチャンスのクラシコ(伝統カード)が行われ、両者シュートの打ち合いの末、3―3で引き分けた。見る側からすれば手に汗握る展開だが、パルメイラスのオリヴェイラ監督はディフェンダーによる自殺点を嘆き、コリンチャンスのチテ監督は審判のジャッジに不満を漏らすなど、悔しさ一杯だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2016年5月24日 東西南北  サンパウロ州では先週から強い冷え込みが続いており、20日夜から23日の朝方まで降った強い雨は、サンパウロ州の主要水系を潤した。カンタレイラ水系ではこの間に53ミリもの雨が降ったことで5月の降水量が86・4ミリとなり、月間平均(78・2ミリ)を超えた。同水系の4月の降水量は4・ […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日にサンパウロ市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線 […]
  • 東西南北2015年12月8日 東西南北  現在、ブラジル内で拡大の様相を見せている、ジカウイルスに伴う赤ちゃんの小頭症だが、サンパウロ州カンピーナス在住で、妊娠初期の罹患が疑われているパトリシア・コンパッシさん(21)が5日付アゴラ紙の取材に応えている。10月に小頭症の男の子を生んだばかりのパトリシアさんは、ジカウイ […]