ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日のセアラー州でのシジ・ゴメス氏銃撃事件は即座に全国的な注目を集めた。以来、入院中のシジ氏へ数多くの激励が送られているが、こうした時でも政治的敵対心を抑えられないのが、ボルソナロ大統領三男のエドゥアルド下議。事件後まもなく、エドゥアルド氏は「シジ氏は軍警のストを制御できるだけの知性を持っていなかった」とのツイートを行い、すぐに削除した。ただ、その後にネット上で「シジ逮捕されろ」のハッシュタグがあがると、自身も参加した。18年の大統領選では自身の父がナイフで刺されたが、「デジタル・ミリシア」の異名も取る同氏にとっては、それで政敵に同情を寄せる感情はないようだ。
     ◎
 がんの治療で8回にわたる化学治療を終えたばかりのサンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長について、担当医師団が19日、「悪性腫瘍は消えた」と発表した。がん細胞が完全に消えたかどうかを調べるための生体組織診断はこれからだが、そちらの検査の結果は来週中に出るとのことだ。こちらの結果も気になるところだが、治療中、職務に大きな穴を開けずに化学治療をやりきり、ここまで回復したことは立派のひとことだ。
     ◎
 いよいよ、今夜からサンパウロ市カーニバルのアニェンビでのSPグループのデスフィーレ(パレード)がはじまる。予報だと、サンパウロ市では今日は40ミリの降雨があるとか。サンパウロ市カーニバルのデスフィーレは雨期に開催ゆえか、毎年のように雨が降り、暴風雨で力を発揮できないエスコーラまで生まれたことがある。今年も同じようなドラマが生まれるのだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • カーニバルのパレード=サンパウロ市もリオも政治批判相次ぐ=直接的なボルソナロ批判も=人種、環境、LBGTまで2020年2月27日 カーニバルのパレード=サンパウロ市もリオも政治批判相次ぐ=直接的なボルソナロ批判も=人種、環境、LBGTまで  サンパウロ市で21日~23日の2夜、リオで23~25日の2夜にかけて行われたカーニバルのパレード(デスフィーレ)で、ボルソナロ大統領や同政権の政策を批判する内容のものが相次ぎ、物議を醸している。22~5日現地紙、サイトが報じている。  カーニバルのデスフィーレで社会 […]
  • 東西南北2019年3月8日 東西南北  6日に行われた「アプラソン(審査結果発表)」の結果、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのエスコーラのデスフィーレ(パレード)は、古豪マンゲイラが優勝した。優勝は3年ぶり20回目。今年のマンゲイラは、演技をし終わった直後から大絶賛の嵐だったが、いざ蓋をあけてみたら、満 […]
  • 東西南北2019年3月7日 東西南北  熱狂のうちに終わったカーニバル。今、カーニバルに関する話題を、ボルソナロ大統領が6日に自身のツイッターにあげた動画が独占している。大統領はブロッコで立小便している人たちの姿を見せ、「これが今のカーニバルの現状だ。なんとかしないと」とフォロワーに問いかけたが、これが大不評。「仮 […]
  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]