ホーム | コラム | 樹海 | S&P格付け降格の影響は

S&P格付け降格の影響は

メルカダンテ官房長官

メルカダンテ官房長官

 緊縮財政が進まない政治的混迷ぶりから、米国格付け会社S&Pは財政バランス回復に時間がかかるという懸念を強め、通常ありえない赤字予算提出を引き金に、ついにブラジルを投資適格外に降格させた▼今後は更なるレアル安、外国投資引き上げ、国債金利上昇などの悪連鎖による景気後退を予測する筋もある。これは政治的には「財政均衡には待ったなし」圧力として作用しそうだ▼増税か支出削減か―という選択肢でなく、「両方」「できるだけ多く」という『選択肢のない状態』になるかも。今回の格下げは、レヴィ財相には追い風に働くに違いない。政権中枢で蔵相に真っ向から対立し、増税論の中心に陣取るのはメルカダンテ官房長官と企画相と聞く▼ルーラ元大統領が数度「メルカダンテを外せ」と指示したが、ジウマが頑なに守っている相談役的人物と漏れ聞く。庶民派ルーラとは、PT内で対極にいる冷徹なインテリだ▼その彼に対し、10年のサンパウロ州知事選挙の資金に不正があった容疑で捜査か―との報道もあった。もしこの大黒柱が外されれば「ゴベルナ(統治)していない」とテメル副大統領が再三言っている状態が「レームダック(死に体)」へと近づく▼振り返れば、移民百周年の折、ブラジル宝石協会と共に「日伯総合センター建設案」の裏に居たのもメルカダンテ上議(当時)―と当時聞いた。建設費に社会経済開発銀行からの融資も―という話も出ていた。もし建てていたら建設費用を巡って今頃、百周年事業が捜査対象になっていた可能性も…▼怪しき計画として同センター建設案に反対した当時のコロニアには、やはり見識があったかも?! (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]